Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

sP1170111

sP1170111

憧れの、箱型シンプルモダン住宅

憧れの、箱型シンプルモダン住宅

雨のみちデザイン|名作探訪 vol.6

雨のみちデザイン|名作探訪 vol.6

旧山口文象自邸。. 山口文象は、1930年、激動のヨーロッパに渡り、バウハウスの創始者、グロピウスのアトリエで働き、当時の近代建築の動向を見聞して、帰国。. その後、最先端の近代建築で活躍した。. という人なのですが、その一方で、大工の棟梁の家に生まれた、ということが影響しているのでしょうか、個人住宅等では、木造の和風建築も数多くつくっているようです。. この自邸は、そうした、和洋両面が感じられるような、ちょっと不思議な雰囲気。. 道路側の軒が、非常に低く抑えられているせいか、敷地いっぱいに建った、小さな家に見えますが、実は、この裏手には、かなり大きな中庭があって、その周囲に、度重なる増改築を行うことで、現在のような姿になったようです。. つまり、一度で完成させてしまうのではなく、時間をかけて、いろいろと試行錯誤を繰り返したために、持っていた二つの方向性が、両方とも出てきて、溶け合い、結果として、和洋両面が感じられるような、不思議な感じになった、ということなのかもしれません。. この人が抱えていた、二つの方向性が、両方とも出ていて、それらが溶け合っている。…

旧山口文象自邸。. 山口文象は、1930年、激動のヨーロッパに渡り、バウハウスの創始者、グロピウスのアトリエで働き、当時の近代建築の動向を見聞して、帰国。. その後、最先端の近代建築で活躍した。. という人なのですが、その一方で、大工の棟梁の家に生まれた、ということが影響しているのでしょうか、個人住宅等では、木造の和風建築も数多くつくっているようです。. この自邸は、そうした、和洋両面が感じられるような、ちょっと不思議な雰囲気。. 道路側の軒が、非常に低く抑えられているせいか、敷地いっぱいに建った、小さな家に見えますが、実は、この裏手には、かなり大きな中庭があって、その周囲に、度重なる増改築を行うことで、現在のような姿になったようです。. つまり、一度で完成させてしまうのではなく、時間をかけて、いろいろと試行錯誤を繰り返したために、持っていた二つの方向性が、両方とも出てきて、溶け合い、結果として、和洋両面が感じられるような、不思議な感じになった、ということなのかもしれません。. この人が抱えていた、二つの方向性が、両方とも出ていて、それらが溶け合っている。…

雨のみちデザイン|名作探訪 vol.6

雨のみちデザイン|名作探訪 vol.6

雨のみちデザイン|名作探訪 vol.6

雨のみちデザイン|名作探訪 vol.6

ONLY ONE 建築設計の画像|エキサイトブログ (blog)

ONLY ONE 建築設計の画像|エキサイトブログ (blog)

吉田五十八の山口蓬春邸 : 中年とオブジェ

吉田五十八の山口蓬春邸 : 中年とオブジェ

Pinterest
検索