Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Photos from the inside of a Denim factory that specializes in distressing designer denim - quite fascinating shots, apparently it's a delicate art to get those new jeans looking just the right amount of old and run down

Photos from the inside of a Denim factory that specializes in distressing designer denim - quite fascinating shots, apparently it's a delicate art to get those new jeans looking just the right amount of old and run down

Interesting mending from Kapital/Japan

”「後付けフードスウェット」” 名前の通り何らかの理由でスウェットのボディーにフードが後から付けられた物の事。元々スウェットは当時カレッジ、アスレチックシーンでトレーニングウエアとして重宝されておりました。まだスウェットにフード、今で言うパーカーは使用する生地の縮率の問題等であまり市場には出ておらず雨、風を凌げずにトレーニングをしておりました。防寒、防雨等の理由などで後からフードが付けられたの等の一説も耳にしたり・・・1940年初頭にかけ、登場し始めた後付けフードスウェットは1950年過ぎ頃突如姿を消し始めました。 試行錯誤やビジネスの苦労を感じられるAMERICAN vintageと、日本の漁師・農民の生活の知恵が不思議にマッチしたリアルウエアです。

WEB SHOP - KAPITAL

再入荷しました。 2006年発売から9年間キャピタルの定番シャツとして作り続けているカトマンズシャツ。名称の由来は企画スタッフが長年愛用したインド産のシャツ。そのシャツは愛着持って着用した証のパッチワークが至る所に施され、擦りきれた襟を手かがりで修理した跡、釦は付け替えを繰り返してバラバラ…一枚のシャツを愛情を持って長年大事に着続けた経年変化が詰まっていました。こんな経年変化の跡を新しいシャツで表現できたら…との思いで開発されたカトマンズシャツ。「1つのモノを長く大切に愛用する楽しみかた」を衣を通して伝えている一品です。 発売から8年経った今でもキャピタルを代表する定番シャツとしてリリースしている様々なバリエーションに、“インディゴカトマンズシャツ”が加わり、今回、ワンピースに落とし込みました。

leather key holder | Duram Factory

いつも持ち歩くキーホルダーは革の変化が早く現れます。また、シンプルなデザインなので、変化がより引き立ちます。味わい深い風合いへ変わる革の良さを手軽に楽しめるアイテムです。

Pinterest
検索