Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

アメリカ南西部アリゾナとユタの州境にある小さな町ページは知る人ぞ知る絶景づくしの町です神秘の峡谷アンテロープキャニオンや油絵のようなホースシューベンドなど地球が生んだ力強い光景がここに存在します 荒野の地平線から陽が昇り陽が沈み灯りの少ない町の夜空にはくっきりと星が瞬きます太陽系の絶景までも望めるページ今回は観光におススメのヶ所をご紹介します

絶景づくし!奇岩の町・米アリゾナ州ページの必見観光地5選

アメリカ南西部・アリゾナとユタの州境にある小さな町・ページは、知る人ぞ知る「絶景づくしの町」です。神秘の峡谷「アンテロープキャニオン」や、油絵のような「ホースシューベンド」など、地球が生んだ力強い光景が、ここに存在します。荒野の地平線から陽が昇り、陽が沈み、灯りの少ない町の夜空には、くっきりと星が瞬きます。太陽系の絶景までも望めるページ。今回は、観光におススメの5ヶ所をご紹介します。

日本から30時間超かかってしまいますが、いつかは行ってみたい、森と一体化したホテル「マジックマウンテンロッジ」

大自然を満喫できる♪森の中にあるホテルやカフェでゆったりとした時間を過ごしませんか?

http://find-travel.jp/article/2876 6.ラ・モンタナ・マジカ・ロッジ(チリ) チリのロス·リオス地域の民間自然保護区にある大自然と共存するホテル。魔法の山という意味を持つホテル名どおり、何か不思議な魅力で惹きつけられます。 もっと見る

「おばあさんになりたい」こんな願いはちょっと変かもしれないけど、ターシャを知れば知るほど「彼女のような素敵なおばあさんになりたい」と思ってしまいます。

毎日の生活に取り入れたい。ターシャテューダーにならう「小さな幸せ探し」

アメリカの絵本作家・挿絵画家・園芸家、そして人形作家であるターシャ・テューダー。広大で美しい庭をひとりで作り上げ、動物たたちに囲まれながら創作活動をし、自給自足の手作りの暮らしを続けていたそうです。彼女の生活は私たち日本人の生活とはかけ離れた、まるで映画やおとぎ話のような世界に思えますね。でも、彼女のちょっとした生活の

「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始めている。街の人の手によって建物や公園、電柱などがパステルカラーに塗られ、散歩しているだけでも自然と楽しい気持ちになってきそうだ。1ヶ月間ほどコロンビアをバックパックしたというカナダ出身のフォトグラファー、ジェシカ・デブナニ氏はこう語る。「コ...

まぶしいほどカラフルで、元気がもらえる「町」

「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始めている。街の人の手によって建物や公園、電柱などがパステルカラーに塗られ、散歩しているだけでも自然と楽しい気持ちになってきそうだ。1ヶ月間ほどコロンビアをバックパックしたというカナダ出身のフォトグラファー、ジェシカ・デブナニ氏はこう語る。「コ...

パタゴニアの奇跡。世界で最も美しい洞窟『マーブルカテドラル』 | トラベルハック|あなたの冒険を加速する

パタゴニアの奇跡。世界で最も美しい洞窟『マーブルカテドラル』

Sumally (サマリー) は、この世界に存在するすべてのモノの"百科事典"の作成を目指しています。あなたの好きなプロダクトをサマリーで世界に発信し、モノ百科事典を作りましょう。 / Sumally is an online encyclopedia of treasured objects. Sumally's growing community of users can keep track of who owns what, and who wants what.

<b>悲しき人魚が誘う砂漠のオアシス<br> ペルー ワカチナ Huacachina</b><br> 砂の山に囲まれた湖、湖のまわりには人口100人あまりが暮らす小さな村ワカチナがあります。ワカチナは、ペルー南西部のリゾート地として知られています。湖を一周するのに、大人の足で30分かかりません。ワカチナには古くから人魚伝説が伝えられてきました。土地の美しい姫が水たまりで水浴びをしていたところ、ハンターにのぞかれてしまいました。驚いた姫は、水たまりを湖に変え、恥ずかしさのあまり消えてしまいます。彼女が消える際に残されたマントのしわが、周囲の砂丘になった。彼女は今も人魚となって湖に住んでいるといわれます。幻想的な風景は多くの芸術家を刺激し、パウリョ・コエーリョのベストセラー小説『アルケミスト』の砂漠をさまよった少年がたどり着いたオアシスのモデルともいわれています。「ペルーのルルド(フランスの奇跡の泉)」とも呼ばれ、ペルー通貨の50ソーレス札にはワカチナの風景が描かれています。

<b>悲しき人魚が誘う砂漠のオアシス<br> ペルー ワカチナ Huacachina</b><br> 砂の山に囲まれた湖、湖のまわりには人口100人あまりが暮らす小さな村ワカチナがあります。ワカチナは、ペルー南西部のリゾート地として知られています。湖を一周するのに、大人の足で30分かかりません。ワカチナには古くから人魚伝説が伝えられてきました。土地の美しい姫が水たまりで水浴びをしていたところ、ハンターにのぞかれてしまいました。驚いた姫は、水たまりを湖に変え、恥ずかしさのあまり消えてしまいます。彼女が消える際に残されたマントのしわが、周囲の砂丘になった。彼女は今も人魚となって湖に住んでいるといわれます。幻想的な風景は多くの芸術家を刺激し、パウリョ・コエーリョのベストセラー小説『アルケミスト』の砂漠をさまよった少年がたどり着いたオアシスのモデルともいわれています。「ペルーのルルド(フランスの奇跡の泉)」とも呼ばれ、ペルー通貨の50ソーレス札にはワカチナの風景が描かれています。

Pinterest
検索