Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Zaha Hadid Architects の アジア風空港

北京に現在建設中の北京大興国際空港のターミナルは、世界最大のハブターミナルとなる予定だ。初めは年間で推定4500万人の利用客に対応できる規模の大きさだが、その後拡張して年間最大7200万人を収容できるようにするという。

SUNTORY HALL, Tokyo,Japan|サントリーホール|Theater chair,Theater seats,Auditorium seats

サントリーホールは、2006年に迎えた開館20周年を機に、改修工事が行われました。 「素晴らしい音響とホールの雰囲気はそのままに」をコンセプトに、客席もリニューアルされています。イスには建設時と同じ素材を使用し、張地・クッションの張替え、木部の補修を実施。オープン当時の残響時間と同じレベルを保つため、細心の注意が払われました。リニューアル時求められたもう一つのテーマは、「客席のユニバーサル対応」です。車イスを利用されている方も同じイスに座って音楽を鑑賞したい、という願いを実現するために、イスのデザインは同じまま、車イスからの乗り移りがしやすいイスを検討し製造。肘掛が外側に回転するイスや、段差がある場所でイスが昇降・回転するバリアフリー対応の席を設けました。リニューアル後も、改修前と変わらず世界中のアーティストや音楽愛好家から愛される、サントリーホール。演奏者が使用するオーケストラチェアも好評を得ています。

ザハ・ハディド氏が設計したアゼルバイジャンの建造物を訪問し驚き - ライブドアニュース

ザハ・ハディド氏が設計したアゼルバイジャンの建造物を訪問し驚き

新国立競技場の設計を担当していたザハ・ハディド氏を取り上げている。アゼルバイジャンにはザハ氏は手がけた大型建築物が建っており、筆者が訪問。「引き込まれるような魅力が詰まった建物」「感動しました」と語っている

「新国立競技場」デザイン、”アンビルトの女王”ザハ・ハディドの個展が東京で開催 | ニュース - ファッションプレス

「新国立競技場」デザイン、”アンビルトの女王”ザハ・ハディドの個展が東京で開催

JR新神戸駅に隣接する「竹中大工道具館」で開催中の 『日中韓 棟梁の技と心』、東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の『ザハ・ハディド Zaha Hadid』、金沢21世紀美術館で開催中の『ジャパン・アーキテクツ 1945-2010』の、東アジア建築の文化と技術を探る3つの展覧会をご紹介。

ベルギー第2の都市にしてヨーロッパ第2の港を持つアントワープ。こちらの港湾局の建物が、3月に急逝したザハ・ハディドのデザインで完成した。

アントワープにザハ・ハディドが残したダイヤモンド。

雑誌『カーサ ブルータス』編集部が提供するwebマガジン。デザイン、ファッション、建築、グルメ、旅行、アートなど、毎日を楽しくする「暮らしのデザイン」情報を配信しています。

...

全力疾走してみたい!成田空港の新しいターミナルのデザインがなかなかイケてる! 4月8日にオープンした成田空港の格安航空会社専用の第3ターミナルのデザインです。 予算が限られている中で動く歩道などをなくす代わりに楽しく歩けるアイデアがいっぱいです。 陸上のトラックのようなデザインは楽しいだけでなく、分かりやすく

Pinterest
検索