Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Technicians with the Sierra Nevada Corp. inspect the sub-orbital version of the Dream Chaser vehicle, which the company says would continue the legacy of NASA's shuttle program. <br />

Technicians with the Sierra Nevada Corp. inspect the sub-orbital version of the Dream Chaser vehicle, which the company says would continue the legacy of NASA's shuttle program. <br />

米空軍の軌道試験2号機(OTV-2)『X-37B』は、5月31日段階で滞空日数453日間という軌道飛行を行っている。

2011年3月5日に打ち上げられた米軍の軌道試験機(スペース・プレーン)『X-37B』が、6月中旬に帰還する。上空で何を行っているのかについては、さまざまな説がある。

H-IIAロケットは今回が22機目の打ち上げとなり、また7号機以降、16機連続の成功となった。

H-IIAロケット、情報収集衛星2機を打ち上げ

H-IIAロケット、情報収集衛星2機を打ち上げ | H2A

NASAの宇宙救命艇『X-38』、その運命

NASAが開発した宇宙グライダー『X-38』が、戦略航空宇宙博物館へと移された。『国際宇宙ステーション』(ISS)用の乗員帰還機として、8割がた開発されていたが2002年に開発が停止されたものだ。

火星に宇宙船などを着陸させる場合、宇宙船が大きければ大きいほど、より大きな耐熱シールドが必要である。しかし、現状の耐熱シールドでは、ロケットの直径に制限されてしまうため、改善が必要だった。  IRVEは従来の耐熱シールドと異なり、大気圏再突入の直前に膨張するため、打ち上げ時は小さく収納できる。今回のIRVE-3も打ち上げ時は幅約40cmだったが、打ち上げられた後、幅約3mに膨張した。

NASA、新型大気圏再突入実験装置を打上げ | 観測ロケット

太陽が昇ってくる方向に向けて太陽電池を固定しておくことができず、充電し、再起動するまでに時間がかかってしまった

玉兎号、故障したのは制御回路 太陽電池やマストを格納できず

月はおおよそ2週間ごとに昼と夜が訪れ、昼の温度は120度、夜は-180度にもなるため、月面の探査機とって、この夜を越える技術が必須となる。玉兎号の場合、夜を越える際には太陽電池の一つを太陽が昇る方向へ向け、またもう一つの太陽電池は蓋のように折り畳まれ、内蔵しているヒーターで温め続けられる。展開機構が壊れてしまうと、太陽電池を太陽の方角へ向けることができず、また機体を温めることもできなくなるため、探査の続行は困難になる。

アレシボ天文台は、アンテナの上空137mのところに受信機があり、これはアンテナの周囲に立つ、3箇所のタワーから走る合計18本のケーブルによって吊るされている。ユニバース・トゥデイ紙が報じたところによれば、今回の地震によって、この18本のケーブルのうちの1本が破損したという。   同天文台の所長、ボブ・カー氏が同紙に語ったところによれば、もともとこの壊れたケーブルは建設の際に長さが足りず、別の短いケーブルとつなぎ合わせて造られたという。そのため、他のケーブルよりも強度的に弱く、損傷はある意味で必然であったようだ。同氏はまた、「私たちにとってアキレス腱が露出してしまっている状態」と語っている。

アレシボ天文台、地震による損傷からの復旧進む

アレシボ天文台、地震による損傷からの復旧進む | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト

ロシア・宇宙開発時代の悲しき遺物、2機のスペースシャトルが残された格納庫廃墟(カザフスタン)

1980年代、ソビエト連邦が自国のスペースシャトル開発に着手したとき、あまり知られていない宇宙開発競争の一幕が開けた。無人軌道試験飛行には成功したものの、ロシア語で吹雪を意味する”ブラン”は、高騰する予算削減の煽りを受けてまもなく廃棄され、格納庫にそのまま

Pinterest
検索