Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

寝室部分から階段と左に浴室入口を見る。このスペースも開口は大きめだが張り出した部分が前面にあるため上階よりも光はやさしめ。軒先の深い伝統的な日本家屋の奥にある部屋のイメージという。時間により陰翳の状態が徐々に変化していく。

寝室部分から階段と左に浴室入口を見る。このスペースも開口は大きめだが張り出した部分が前面にあるため上階よりも光はやさしめ。軒先の深い伝統的な日本家屋の奥にある部屋のイメージという。時間により陰翳の状態が徐々に変化していく。

2階の階段脇の廊下スペースでも外部へとスッと気持ちよく視線が抜けていく。

ギャラリーに見立てた空間づくり空間構成と立地環境がもたらす心地良い開放感

2階の階段脇の廊下スペースでも外部へとスッと気持ちよく視線が抜けていく。

階段室の前に戸がある状態。最初のプランから、「格好いいだけでなく、動線や収納もよく考えられていて良い家ができる」と感じた林さんは、竣工までの1年間、多いときはほぼ毎日という高頻度でブログに家づくりのプロセスを綴り続けたという。

階段室の前に戸がある状態。最初のプランから、「格好いいだけでなく、動線や収納もよく考えられていて良い家ができる」と感じた林さんは、竣工までの1年間、多いときはほぼ毎日という高頻度でブログに家づくりのプロセスを綴り続けたという。

3人のお子さんが並んで勉強することを想定してつくられた子ども部屋前の長いテーブル。

家族の顔がすぐ見える家緑豊かな環境で、開放的かつ戸外の雰囲気をもつ空間を創る

3人のお子さんが並んで勉強することを想定してつくられた子ども部屋前の長いテーブル。

キッチン脇にも開口がつくられて外の景色を眺めることができる。外に植えられたグリーンも西間木さんと打ち合わせて決めたもの。

キッチン脇にも開口がつくられて外の景色を眺めることができる。外に植えられたグリーンも西間木さんと打ち合わせて決めたもの。

右側がグラフィックデザインをされている井上さんのアトリエ。

閉じつつも街とつながる家屋根の下にもう一度屋根をかける

右側がグラフィックデザインをされている井上さんのアトリエ。

中2階から2階へ、2階から屋上へとリズミカルに続く階段。「座ったり遊んだり、楽しめる場所にしたかった」という永田さんの狙い通り、柊羽くんのいい遊び場所になっている。

考え抜かれたオリジナリティ外から見ると三つの棟中に入ると一つの空間

中2階から2階へ、2階から屋上へとリズミカルに続く階段。「座ったり遊んだり、楽しめる場所にしたかった」という永田さんの狙い通り、柊羽くんのいい遊び場所になっている。

料理中に振り向くと隣の山の緑が目に入る。家型そのままの天井部分がフラット天井では味わえない空気感をつくり出している。

傾斜地に立ち上げた快適空間大磯の海を遠くに望む巣箱のような家

料理中に振り向くと隣の山の緑が目に入る。家型そのままの天井部分がフラット天井では味わえない空気感をつくり出している。

東西につながる2階のテラス。中央は寝室の広縁部分。その奥に書斎のテラスがある。

ラワンベニヤの風合いが活きる風と光が通り抜ける外に向けて開かれた家

東西につながる2階のテラス。中央は寝室の広縁部分。その奥に書斎のテラスがある。

ダイニングからリビングを見る。左は、Mさんが新しく家を建てるときには絶対付けると決めていたという薪ストーブ。

富士山と相模湾を望む家自然の中で、森のような多様な空間を体験する

ダイニングからリビングを見る。左は、Mさんが新しく家を建てるときには絶対付けると決めていたという薪ストーブ。

Pinterest
検索