Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

内野 薫さんの木地蒔絵箱「夏の日」という作品。蒔絵と呼ばれる、器の表面に細い筆を使って漆で絵を描き、その漆が固まらないうちに上から金の粉を蒔きつけて模様をあらわす技法でつくられている。なんと値段は約300万円。。。

内野 薫さんの木地蒔絵箱「夏の日」という作品。蒔絵と呼ばれる、器の表面に細い筆を使って漆で絵を描き、その漆が固まらないうちに上から金の粉を蒔きつけて模様をあらわす技法でつくられている。なんと値段は約300万円。。。

正倉院の楽器  螺鈿紫檀琵琶(裏)

正倉院の楽器 螺鈿紫檀琵琶(裏)

蒔絵の最高峰 人間国宝松田権六   Box

蒔絵の最高峰 人間国宝松田権六 Box

ミュージアム巡り MOMAT 蒔絵槇柏文手箱 - 塩哲の空即是色

ミュージアム巡り MOMAT 蒔絵槇柏文手箱 - 塩哲の空即是色

Kōdō (香道, "Way of Incense")Incense burning is an example of Geido (art), aimed at enjoying incense while meditating in a quiet world away from the pressures of daily life, and to appreciate the fragrance rising from Koboku (fragrant wood) burned ("taku" in Japanese) according to traditional rituals.

Kōdō (香道, "Way of Incense")Incense burning is an example of Geido (art), aimed at enjoying incense while meditating in a quiet world away from the pressures of daily life, and to appreciate the fragrance rising from Koboku (fragrant wood) burned ("taku" in Japanese) according to traditional rituals.

Japanese lacquer USB stick bar by Yamada Heiando, Japan

Japanese lacquer USB stick bar by Yamada Heiando, Japan

漆塗り職人

漆塗り職人

金城 一国斎さんの切金高盛絵飾箱「軌跡」という作品。彫漆と呼ばれる、素地に色漆を何十回も塗り重ね、その層に、彫刻刀で彫り込んで模様を表現する技法と蒔絵の技法が用いられている。

金城 一国斎さんの切金高盛絵飾箱「軌跡」という作品。彫漆と呼ばれる、素地に色漆を何十回も塗り重ね、その層に、彫刻刀で彫り込んで模様を表現する技法と蒔絵の技法が用いられている。

大谷 早人さんの籃胎塗網代色紙箱という作品。竹を細く割り表側の皮をはがして漆を塗り重ねたものを編んでつくられている。網目を生かした模様が美しい。

大谷 早人さんの籃胎塗網代色紙箱という作品。竹を細く割り表側の皮をはがして漆を塗り重ねたものを編んでつくられている。網目を生かした模様が美しい。

器=溜塗食籠 十一代中村宗哲作 昭和時代

器=溜塗食籠 十一代中村宗哲作 昭和時代

Pinterest
検索