Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

. Adventure-Equation .: 2nd Chance: Sun Ra - Discipline 27-II (1973)

. Adventure-Equation .: 2nd Chance: Sun Ra - Discipline 27-II (1973)

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

Being Racist in Japan 黒人の差別主義者が日本にくると (日本語字幕付き)

Being Racist in Japan 黒人の差別主義者が日本にくると (日本語字幕付き)

#ロサンゼルス暴動 1922 #LARIOTS – 黒人差別が発端、米陸軍・海兵隊まで出動 全米史上最悪レベルの大暴動から22年【閲覧注意】http://japa.la/?p=36223  | #ジャパラマガジン from #ロサンゼルス

#ロサンゼルス暴動 1922 #LARIOTS – 黒人差別が発端、米陸軍・海兵隊まで出動 全米史上最悪レベルの大暴動から22年【閲覧注意】http://japa.la/?p=36223 | #ジャパラマガジン from #ロサンゼルス

最強のふたり のレビューやストーリー、予告編をチェック!上映時間やフォトギャラリーも。

最強のふたり のレビューやストーリー、予告編をチェック!上映時間やフォトギャラリーも。

70年代にセックスピストルズと肩並べた黒人初パンクバンド『PURE HELL ピュアヘル』#PureHell #Punk #パンク #人種差別 #SidVicious #SexPistols

70年代にセックスピストルズと肩並べた黒人初パンクバンド『PURE HELL ピュアヘル』#PureHell #Punk #パンク #人種差別 #SidVicious #SexPistols

ビヨンセ、MTV授賞式に「アメリカを動かした4人の黒人少年」の母親を招待

ビヨンセ、MTV授賞式に「アメリカを動かした4人の黒人少年」の母親を招待

レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は聞いたことがあるはず。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの20の名言を紹介します。1970年代、ジャマイカの政変のなかで汚職や暴力に反対し、音楽の力で人々に大きな影響を与えた彼の言葉は、今の時代でもハッとさせられます。「目をあけて見てみろよ。自分の生き方に満足しているか?」「雨を感じる人もいれば、ただ...

ボブ・マーリーの名言に学ぶ「人生と愛」

レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は聞いたことがあるはず。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの20の名言を紹介します。1970年代、ジャマイカの政変のなかで汚職や暴力に反対し、音楽の力で人々に大きな影響を与えた彼の言葉は、今の時代でもハッとさせられます。「目をあけて見てみろよ。自分の生き方に満足しているか?」「雨を感じる人もいれば、ただ...

70年代にセックスピストルズと肩並べた黒人初パンクバンド『PURE HELL ピュアヘル』#PureHell #Punk #パンク #人種差別 #SidVicious #SexPistols

70年代にセックスピストルズと肩並べた黒人初パンクバンド『PURE HELL ピュアヘル』#PureHell #Punk #パンク #人種差別 #SidVicious #SexPistols

ベンジャミン・ブッカー』 ベンジャミン・ブッカー   パンクロックのように衝動的な荒々しさと、老練なブルースマンを思わせる渋みが同居した唯一無二の音楽。ベンジャミン・ブッカーのアルバムには、そんな未知なる世界が広がっている。音楽だけ聴いてもどういう人物が歌っているのかよくわからないはず。しかも、デビューしたばかりの22歳と聞けば、さらに驚くに違いない。  ベンジャミンは、米国ニューオーリンズを拠点とする黒人シンガーソングライター。本作がデビューアルバムとなるが、それまでにも全米ネットワークのテレビに出演したり、ジャック・ホワイトのツアーで前座を務めたりして、話題には事欠かなかった。満を持してのアルバムといっていいだろう。ライヴでは弾き語りがメインだったようだが、レコーディングではバンドサウンドにこだわり、疾走感にあふれたロックテイストを強調。ブルージーな歌い回しとのバランスが絶妙で、味わい深い作品になっている。

ベンジャミン・ブッカー』 ベンジャミン・ブッカー パンクロックのように衝動的な荒々しさと、老練なブルースマンを思わせる渋みが同居した唯一無二の音楽。ベンジャミン・ブッカーのアルバムには、そんな未知なる世界が広がっている。音楽だけ聴いてもどういう人物が歌っているのかよくわからないはず。しかも、デビューしたばかりの22歳と聞けば、さらに驚くに違いない。 ベンジャミンは、米国ニューオーリンズを拠点とする黒人シンガーソングライター。本作がデビューアルバムとなるが、それまでにも全米ネットワークのテレビに出演したり、ジャック・ホワイトのツアーで前座を務めたりして、話題には事欠かなかった。満を持してのアルバムといっていいだろう。ライヴでは弾き語りがメインだったようだが、レコーディングではバンドサウンドにこだわり、疾走感にあふれたロックテイストを強調。ブルージーな歌い回しとのバランスが絶妙で、味わい深い作品になっている。

Pinterest
検索