Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Tokyo Tower, Japan 東京タワー                                                                                                                                                      もっと見る

Tokyo Tower, Japan Japan 日本, Tokyo Towers, Tokyo Ginza, Japan 東京タワー, Tokyo Dusk, Bg http://goo.gl/LS7s2E - Amazing Places - Google+

日本家屋、古民家、囲炉裏/Irori(Japanese Hearth)

日本家屋、古民家、囲炉裏/Irori(Japanese Hearth) もっと見る

Osechi ryori: Japanese New Year feast. 謹賀新年 おせち

いろんな願いや祈りの歴史がある日本の伝統文化「おせち料理」。新しく始まる1年間を無事に幸せに暮らせるようにと、古の昔から語り継がれてきたおせち料理のレシピには、その1つ1つに様々な意味があります。一の重、二の重、三の重と伝統的なおせち料理の詰め方、おせち料理に欠かせない基本の料理のレシピとその意味や、盛り付けアイデアな

Torii gate of Itsukushima shrine, Hiroshima, Japan                                                                                                                                                                                 もっと見る

ソニー デジタル一眼カメラ“α”公式 コミュニティサイト。とっておきの作品をギャラリーに公開しましょう。さまざまなスタイルで写真表現を楽しむ皆さんのコミュニケーションサイト

Yufugawa gorge, Oita, Japan 由布川渓谷

Yufugawa gorge, Oita, Japan 由布川渓谷 https://www.hotelscombined.com/?a_aid=150886

Geiko or Geigi 'Hisano' performing at Gion-Matsuri Festival, in Kyoto Japan - 芸妓 ひさの, 祇園祭り, 京都 日本

Geiko or Geigi 'Hisano' performing at Gion-Matsuri Festival, in Kyoto Japan - 芸妓 ひさの, 祇園祭り, 京都 日本 もっと見る

Ginkaku-ji temple, Kyoto, Japan 銀閣寺

禅宗の影響が現れた銀閣: 八代将軍足利義政のころになると、禅宗の影響が強く現れます。京都、東山の慈照寺銀閣(じしょうじぎんかく)。美しい庭と、簡素で気品がある建物は、この時期の文化の特徴を表しています。銀閣の近くに建つ東求堂(とうぐどう)。中は、ふすまや障子などで仕切られ、床には畳がしきつめられています。また、書き物をするための「書院」や、「違い棚」といった、部屋のかざりが整えられています。こうしたつくりを「書院造(しょいんづくり)」といいます。

item3

着物・洋服・アクセサリー・ファッション小物と、アイテムにとらわれることなく“和”を楽しめるショップ「ふりふ」。日本の美を新しいモノとして楽しむ女性たちに、ファッションとしての“和のスタイル”を提案します。

Torii gate of Itsukushima shrine, Hiroshima, Japan 厳島神社 Қɽα₰؁

厳島神社①:社伝では、推古天皇元年(593年)、当地方の有力豪族・佐伯鞍職が社殿造営の神託を受け、勅許を得て御笠浜に社殿を創建したことに始まるとされる。平安時代末期、神主・佐伯景弘と当時の安芸守・平清盛の結びつきを契機に平家一族から崇敬を受けた。仁安3年(1168年)頃、平清盛が社殿を造営し現在と同程度の大規模な社殿が整えられた。平家一門の隆盛とともに厳島神社も栄えて平家の氏神となった。平家滅亡後も源氏をはじめとして時の権力者の崇敬を受けるが、建永2年(1207年)と貞応2年(1223年)の2度の火災で建物の全てを焼失している。そのため、現在残る社殿は仁治年間(1240年-1243年)以降に造営されたものである。 厳島は神の住む島として禁足地とされ、鎌倉時代頃までは地御前神社(外宮)において主な祭祀が行われていた。鎌倉時代末期から南北朝時代以降、社人・僧侶が禁を破って住むようになったとされる。

Pinterest
検索