Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

The Mercedes-Benz F 015 Luxury in Motion

T型フォードから現代のテスラ車に至るまで、自動車は常にテクノロジーの先端を走り続けている。では2040年になるまでに、我々はクルマに何を期待することができるだろうか? 夢の"空飛ぶクルマ"はまだ難しいにしても、実現性がかなり高そうな技術をいくつか挙げてみよう。 インターネットに常時接続する 今日のスマートフォンのおかげで自分が常にインターネットにつながっていると思っている人も多いだろう。だが、20年後にはあなたが乗っているクルマが常にインターネットにつながっているはずだ。20年後のクルマは、自宅のネットワークに接続して最新のプレイリストを取り込めるだけでなく、路上を走っている他のクルマと通信して事故を防いだり、信号機と通信して交通の流れをスムーズにすることもできるようになるだろう。もし誰かが駐車中のあなたのクルマのテールランプにぶつかったら、クルマがそのことをあなたに知らせ、ぶつけた相手の映像を見せてくれる。給油や充電が必要な頃になったら、最も安価なスタンドの場所をクルマが探し出し、料金の支払いも通信を介して自動的に行われる。 ステアリング・ホイールがオプションになる 2017年に生まれた子供たちは、自動車運転免許を取得する必要がないかもしれない。クルマが完全に自動走行できるようになるまでナビゲーション・システムはまだ必要だが、自動車メーカー(とそのサプライヤー)は現在、自動運転技術の開発に力を入れている。実際、メーカーはステアリング・ホイールやブレーキ・ペダル、アクセル・ペダルのない20年後のクルマを思い描いているのだ。 たまには自分で運転したいと思っても、運転席の前に計器類はなく、フロント・ガラスに映し出された仮想現実技術で、様々な情報を見ることになるだろう。ミラーに映る視界はハイビジョンカメラで補われ、ドライバーは首を動かす回数が減り、前方に注意を向けたままでいられるようになる。バックミラーとして知られているものは、ひょっとすると今後20年内に姿を消すかもしれない。 運転がもっと快適に 車内はもっと快適になることが予想される。軽量でソフトな素材により、触り心地は滑らかになり、車両重量も軽くなる。また、色についても現在より選択肢が増えると思われる。昨年、BMWが発表したコンセプトカー「VISION NEXT 100」は、自動運転モードになるとステアリングが格納され、運転席と助手席のシートを回転させて向かい合うことができるようなレイアウトを採用していた。 他の自動車メーカーでは、明るいLEDヘッドライトをバンパーの低い位置に装備し、対向車への眩惑を防ぎながら路面を照らす研究も行っている。また、三菱自動車は車体の底面とバンパーをラバーでコーティングして、クルマへのダメージや他者の負傷を軽減する工夫を試みている。さらに同社をはじめいくつかのメーカーは、前部ドアと後部ドアの間からBピラーを取り払ったコンセプトを発表している。 クルマのパーツにも変化が クルマのパーツが新たに必要となった時、自動車メーカーから取り寄せるのではなく自作できるようになるかもしれない。3Dプリント技術がこのまま発展すると、必要となるどんなパーツも作ることができ、例えばゴムやチタンといった異なる素材を1層ごとに使うことも可能になる。 グッドイヤーとデュポン傘下のゲネンコール社が共同開発しているように、バイオマス由来の合成ゴムを使ったタイヤの生産も可能になっている。微生物が糖を消化・発酵することで大量のイソプレンを抽出する。ゴムの主成分であるイソプレンは現在、石油から作られるのが一般的だが、バイオマス由来のイソプレン製造所から供給される日もそう遠くないだろう。 参照サイト(英語): 『Popular Mechanics』: 110 Predictions For the Next 110 Years 三菱自動車: MITSUBISHI eX Concept BMWグループ: The Next 100 Years 『Wired』: In 20 Years, Most New Cars Won't Have Steering Wheels or Pedals 『The Verge』: Should You Hope Your Child Never Has to Drive a Car? By David Weedmark 翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Mercedes-Benz F015 Luxury in Motion|メルセデス・ベンツ F015 ラグジュアリー イン モーション

メルセデスのかんがえる未来のクルマ|Mercedes-Benz ギャラリー

メルセデス・ベンツがCES 2015で発表したコンセプトモデル「メルセデス F 015」は、自律走行車だった。いかにも"未来っぽい"デザインには賛否両論あるかもしれないが、クルマの新しいかたちを追求しようとする自由さに満ちている。

報道によると、メルセデス・ベンツは年末までにバッテリー駆動の自動車量産を計画しているようだ。彼らは、ついに電気自動車市場に参入していく。

メルセデスベンツの超高級車ブランド、メルセデス マイバッハは8月19日、米国で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、『ビジョン メルセデス マイバッハ6』を初公開した。

BMWが、ホログラムで仮想のセンターコンソールを映示する「HoloActive Touch」技術を1月開催のCES 2017に出展すると発表しました。この仮想コンソールは触覚フィードバックによるタッチ操作が可能。将来的には(イメージ画像にあるように)物理的なセンターコンソール部が大きく様変わりするかもしれません。...

BMWがホログラム式コンソール「HoloActive Touch」発表。触覚応答つきジェスチャーで仮想タッチパネルを操作

BMWがホログラム式コンソール「HoloActive Touch」発表。触覚応答つきジェスチャーで仮想タッチパネルを操作 - Engadget 日本版

未来予想図 ‐ そう遠くない未来の自動車

そう遠くない未来、あなたが運転するであろう自動車の姿を描いてみました。QNX ソフトウエア システムズでは、ほんの一世代前には夢物語だった自動車体験を構築中です。QNX の技術は、世界中で数百万台の自動車に搭載されています。 制作: Thornley Fallis Communications, www.thor...

アマゾンCEOの宇宙企業Blue Origin、新型ロケットNew Glenn発表。SpaceX競合、サターンV並みの大型機 - Engadget…

Amazon CEO ジェフ・ベゾスの航空宇宙企業Blue Originが「次のステップ」としてNew Glennロケットを開発することを明らかにしました。New Glennロケットは同社New ShepardやSpaceX Falcon 9ロケットのように、回収可能な1段目ブースターを備えます。

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQ|Mercedes-Benz Generation EQ

メルセデス・ベンツが考えるコンセプト「ジェネレーションEQ」──パリモーターショー2016現地レポート

本日9月30日、パリモーターショー2016(通称パリ・サロン)がフランスで開幕した。メルセデス・ベンツは今回、次世代の電気自動車を中心に出展。なかでも注目は「ジェネレーションEQ」と名付けられたコンセプトカーだ。現地から大谷達也氏が解説する。

メルセデスベンツF015:メルセデスが作った動くリビングルーム ( photo 3 ) | GQ JAPAN

メルセデスベンツF015:メルセデスが作った動くリビングルーム

2015年1月、米デトロイトでの国際自動車ショー。そこでひときわ輝いたのが、未来からやってきたようなメルセデスベンツF015だ。

Pinterest
検索