Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

(その70)ビートルズの名を生み出した夭折の天才アーティスト、スチュアート・サトクリフについて(その2) - ★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

1 リンゴ・スターとの出会い 2 アストリッド・キルヒャーとの出会い 3 画家として優れた才能を発揮 1 リンゴ・スターとの出会い ポールは、こう語っています。「スチュは、とてもカッコ良くなっていた。以前よりも少しにきびが増えて、芸術大学の学生みたいな感じだったね。彼は、良く僕たちからからかわれていたよ。でも、彼は、ハ…

"...we had this big guilt we carried around on our shoulders, being German and being young. The guilt of what our parents did in the war. So, meeting English people was something very, very special for us."-Astrid Kirchherr

"...we had this big guilt we carried around on our shoulders, being German and being young. The guilt of what our parents did in the war. So, meeting English people was something very, very special for us."-Astrid Kirchherr

コー​​ヒークラブ, ポール·マッカートニー, ジョン·レノン, ビートルズ, ビートルズの歌, リバプール, 1950, ハンブルク, アーティスト

(その95)日本のファンは、ビートルズをどう受け入れたか?(その2) - ★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

武道館公演のお話しが途中で終わってました。まだ、続きがあるので忘れずに書いておきます。 1 ギャラの送金(補足) 当時は、海外への送金に上限があったというお話をしました。当時の大蔵省(現財務省)は、8万ドルまでしか許可しませんでした。ギャラは10万ドルですから、オーヴァーしてしまいます。それで、裏ルートを使ったのです。 ついでに言うと、ブライアンがギャラを格安にしたのは、あまり高いギャラを要求してチケットが高くなってしまうと、肝心のファン層である若者がコンサートに行けず、却ってビートルズの人気を落としてしまうことを懸念したからです。直前に行われたミラノ・コンサートではチケットが高過ぎて、2万人…

Pinterest
検索