Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

唐津素文茶碗 十三代中里太郎右衛門造   ○  中里太郎右衛門:大正12年生。十二代太郎右衛門の長男。東京高等工芸図案科卒。  加藤土師萌(はじめ)に師事。昭和44年父の得度(無庵と号)に際し十三代太郎右衛門襲名。  26年日展初入選。以降北斗賞、特選、審査員、委嘱、会員、内閣総理大臣賞、理事。  日本陶芸協会賞。日本芸術院賞。日本新工芸展審査員

唐津素文茶碗 十三代中里太郎右衛門造 ○ 中里太郎右衛門:大正12年生。十二代太郎右衛門の長男。東京高等工芸図案科卒。 加藤土師萌(はじめ)に師事。昭和44年父の得度(無庵と号)に際し十三代太郎右衛門襲名。 26年日展初入選。以降北斗賞、特選、審査員、委嘱、会員、内閣総理大臣賞、理事。 日本陶芸協会賞。日本芸術院賞。日本新工芸展審査員

樂焼 RAKU WARE|樂美術館 -収蔵作品:二代 常慶 <生年不詳~寛永12(1635)>

樂焼 RAKU WARE|樂美術館 -収蔵作品:二代 常慶 <生年不詳~寛永12(1635)>

銘「桜井」 松平不昧、高橋掃庵伝来 個人蔵 高さ7.1cm 口径13.8~14.0cm 高台径4.5~4.8cm

銘「桜井」 松平不昧、高橋掃庵伝来 個人蔵 高さ7.1cm 口径13.8~14.0cm 高台径4.5~4.8cm

白掛蓮華文碗〈しろがけれんげもんわん〉<br> 磁州窯 北宋時代〔中国〕 11世紀~12世紀<br> 10.0 x 12.0 cm No.5363

白掛蓮華文碗〈しろがけれんげもんわん〉<br> 磁州窯 北宋時代〔中国〕 11世紀~12世紀<br> 10.0 x 12.0 cm No.5363

粉引酢次茶碗 銘 呉竹 こひきすつぎちゃわん めい くれたけ 陶器/一口 朝鮮(李朝)時代・15~16世紀 高7.8cm 口径16.4cm 底径6.1cm 重378.2g 五島美術館蔵 片口(かたくち)の食器を茶碗に転用したもの。「粉引」(別名「粉吹」こふき)とは、鉄分の強い黒い土のため、化粧掛けした白泥釉が粉を吹いたように見えるところからの名称。「酢次」とは、本来の用途「酢を次ぐ容器」の意味。内箱蓋(表)の金泥字「呉竹」は、近代の数寄者益田鈍翁(どんのう 1848~1938)の筆。

粉引酢次茶碗 銘 呉竹 こひきすつぎちゃわん めい くれたけ 陶器/一口 朝鮮(李朝)時代・15~16世紀 高7.8cm 口径16.4cm 底径6.1cm 重378.2g 五島美術館蔵 片口(かたくち)の食器を茶碗に転用したもの。「粉引」(別名「粉吹」こふき)とは、鉄分の強い黒い土のため、化粧掛けした白泥釉が粉を吹いたように見えるところからの名称。「酢次」とは、本来の用途「酢を次ぐ容器」の意味。内箱蓋(表)の金泥字「呉竹」は、近代の数寄者益田鈍翁(どんのう 1848~1938)の筆。

樂焼 RAKU WARE|樂美術館 -収蔵作品:五代 宗入 <寛文4(1664)~享保元(1716)>

樂焼 RAKU WARE|樂美術館 -収蔵作品:五代 宗入 <寛文4(1664)~享保元(1716)>

ギャラリー器館:ショップ 【Shogo Ikeda】

ギャラリー器館:ショップ 【Shogo Ikeda】

Pinterest
検索