Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

現在、アメリカの不動産業者の中で不動産物件をPRするためにドローンを活用する会社が急激に増えています。  2016年

現在、アメリカの不動産業者の中で不動産物件をPRするためにドローンを活用する会社が急激に増えています。 2016年度にNational Association of Realtors

米運輸省、2023年までに全新規車両の「車-車間通信」を義務化 | TechCrunch Japan

米運輸省、2023年までに全新規車両の「車-車間通信」を義務化

幹線道路交通安全局 (NHTSA)が最近公開した規定案は、全新規車両にV2V(車-車間)通信機能の塔載を義務付けている。これはまだ正式な要件ではないが、もし2019年(この種の規則でよくある期限)に発効すれば、自動車メーカーは今後数年をかけて自社車両にシステムを組み込み、新車がすべて通信可能にならなければならない2..

イギリスで「3人の親」を持つ赤ちゃんが産まれようとしている

イギリスで、「3人の親」を持つ赤ちゃんが産まれようとしています。卵子のミトコンドリアの遺伝子に由来する難病を避けるため、健康なドナーのものと交換するというものですが、生命倫理の観点から賛否両論となっています。

韓国の学生は朝から晩まで苦難の連続        24歳未満の自殺率は OECD 平均の1.5倍である 学生のおよそ10%が自殺を考えたことがある 2001年から2011年にかけて、この年齢グループの自殺者数は57%上昇した         学生たちは「一流大学に入学する」という永遠に続くかのようなプレッシャーに直面しながら、失敗することへの絶え間ない恐怖に対処しなければならず、それができなければ落ちこぼれとみなされる。あらゆる社会的プレッシャー(社会的、経済的など)と併せて考えると、両側から点火されたダイナマイトが爆発するのをただ待っているようなものだ。

私は韓国が大好きだ。 風景も文化も好きだ。だが一番好きなのは、ここに住む人々と彼らが創り出す活気あふれる環境だ。 コンビニでアルバイトをしている未成年...

10代はLINETwitterFacebookで出会っている

10代は「LINE」「Twitter」「Facebook」で出会っている

以前当連載で、LINEのタイムラインの全体公開機能とハッシュタグ「#profile」を使って、多くの出会いが生まれていることを伝えた。これまでは「LINE ID交換掲示板」などの非公式サイトで友達募集されていたが、非公式のサイトなどではなく、サービス自体で友達や暇つぶしのための通話などが募集されているのだ。

中国の農村部である試みが行われた結果、2年のうちに農作物の収穫量が急増した。彼らは新しい農薬や肥料、技術に頼ったわけではない。研究者による教育と、コミュニケーションがもたらした成果である。

食糧問題を解決するのは、新たなテクノロジーよりも「無知を取り除くこと」かもしれない|WIRED.jp

Bloombergの記事によると、Partnership on AI to Benefit People and Society(人間と社会の利益のためのAIに関するパートナーシップ)(なんという名前だ!)が今日(米国時間1/27)、Appleが他のテクノロジー企業と共に、このAI先導団体の創立メンバーとして参加す..

AppleがAmazon、Facebook、Google、IBM、Microsoftに次いでAI先導団体に加入

Bloombergの記事によると、Partnership on AI to Benefit People and Society(人間と社会の利益のためのAIに関するパートナーシップ)(なんという名前だ!)が今日(米国時間1/27)、Appleが他のテクノロジー企業と共に、このAI先導団体の創立メンバーとして参加す..

60以上の研究で明らかになった「天職」を見つける方法 - GIGAZINE ◆1:フロー状態に入れる仕事に就く ◆2:他の人の手助けになることを仕事にする ◆3:得意なことを仕事にする  ◆4:同僚が協力的であること ◆5:仕事によって基本的な欲求が満たされること ◆6:プライベートと適合する仕事に就く

「社会で働くからには、楽しくて意味のある職業に就きたい」と思う人が多いもの。さまざまな研究に基づいた職探しのコツを公開しているキャリアガイドサイト・80,000 Hoursが、「天職」とは実際に何

中国の女性はなぜ足を小さくさせられたのか。纏足(てんそく)の理由、新説が研究で明らかに   小さく曲げられた足は、蓮の花になぞらえて「金蓮」と呼ばれた。刺繍をした靴に詰め込まれた金蓮は優美で華奢、そして社会的地位が高いことの象徴でもあった。  しかし新研究によれば、纏足には別の理由もあったという。 農村部での纏足の習慣は、規律を保つための手段だったとボッセンらは考えている。幼い娘の足を曲げることで、母親たちは娘たちは長時間座らせ、糸を紡ぐなどの手を使った仕事を手伝わせて家の収入を増やす。

男性を魅了することだけが、理由ではなかったようです。

「ペットショップで販売できるのは、保護された猫や犬だけ」サンフランシスコで、新条例が可決される  米国動物愛護協会によれば、全米にはフェニックスと同じく営利目的のブリーダーからの調達を禁止する条例を持つ都市が、ロサンゼルスやサンディエゴ、オースティン、シカゴなど60ほどあるという。   いずれも、劣悪な環境下で犬猫にひたすら子どもを産ませて繁殖させ、利益を得ようとする「パピーミル(子犬工場)」を撲滅し、保護動物に光を当て、殺処分を減らすことが目的だ。

「この条例がサンフランシスコだけではなく、カリフォルニア、アメリカ全土、そして世界中に広がって欲しい」

Pinterest
検索