Explore these ideas and more!

Explore related topics

国立がんセンターに中性子線使ったがん治療装置

国立がんセンターに中性子線使ったがん治療装置

好塩基球の放出するタンパク分解酵素がアレルギーを引き起こす - TMDU | マイナビニュース アレルギー反応において、白血球の0.5%を占める稀少な免疫細胞「好塩基球」が、肥満細胞やT細胞などのほかの免疫細胞とは異なる役割を果たしていることがわかってきている。

好塩基球の放出するタンパク分解酵素がアレルギーを引き起こす - TMDU | マイナビニュース アレルギー反応において、白血球の0.5%を占める稀少な免疫細胞「好塩基球」が、肥満細胞やT細胞などのほかの免疫細胞とは異なる役割を果たしていることがわかってきている。

血小板は様々な成長因子を放出する 自己多血小板血漿注入療法、PRP(Platelet-Rich Plasma)治療 通常の採血検査で採血する量とほぼ同量の約10~20mlの血液を採血させて頂き、特殊な精製キットを使用して、血液中にある血小板のみを精製し、血小板濃度を通常の血液の約4~5倍に高く濃縮した、自己多血小板血漿(PRP)を作製し、これを患部に注射する療法です。血小板には、組織修復を促進する様々な成長因子、サイトカインなどの分子が多く含まれており、これらの分子が周囲の細胞に働きかけ、損傷した組織を修復し痛みを取り除きます。

血小板は様々な成長因子を放出する 自己多血小板血漿注入療法、PRP(Platelet-Rich Plasma)治療 通常の採血検査で採血する量とほぼ同量の約10~20mlの血液を採血させて頂き、特殊な精製キットを使用して、血液中にある血小板のみを精製し、血小板濃度を通常の血液の約4~5倍に高く濃縮した、自己多血小板血漿(PRP)を作製し、これを患部に注射する療法です。血小板には、組織修復を促進する様々な成長因子、サイトカインなどの分子が多く含まれており、これらの分子が周囲の細胞に働きかけ、損傷した組織を修復し痛みを取り除きます。

$40 keychain-size detector quickly alerts you of allergens in food

$40 keychain-size detector quickly alerts you of allergens in food

【ひまし油の驚きの効果】髪の育毛、顔のシミ、ほくろの除去、ダイエットなど万能★まとめ動画特集 |イマコレ

【ひまし油の驚きの効果】髪の育毛、顔のシミ、ほくろの除去、ダイエットなど万能★まとめ動画特集 |イマコレ

Stem Cell Studies Build Momentum toward Therapy for Age-Associated Frailty | Miller School of Medicine | University of Miami

Stem Cell Studies Build Momentum toward Therapy for Age-Associated Frailty | Miller School of Medicine | University of Miami

浜松医科大学、浜松医療センター、浜松ホトニクスらの研究グループは11月28日、急性期脳梗塞に対するレーザ血栓溶解治療システムを開発したと発表した。 血栓には吸収されるが血管内皮ではほとんど吸収されないという波長500~600nmのレーザ光の性質を生かし、レーザを用いて血栓のみを選択的に溶解可能で、血管内皮の損傷がほとんどない波長532nmのレーザ装置と、血管を閉塞している血栓にレーザを有効に照射するための光ファイバーを内包した専用カテーテルを開発した。

浜松医科大学、浜松医療センター、浜松ホトニクスらの研究グループは11月28日、急性期脳梗塞に対するレーザ血栓溶解治療システムを開発したと発表した。 血栓には吸収されるが血管内皮ではほとんど吸収されないという波長500~600nmのレーザ光の性質を生かし、レーザを用いて血栓のみを選択的に溶解可能で、血管内皮の損傷がほとんどない波長532nmのレーザ装置と、血管を閉塞している血栓にレーザを有効に照射するための光ファイバーを内包した専用カテーテルを開発した。

吉森教授と大阪大の竹原徹郎教授(消化器内科)らのグループは、オートファジーを抑える働きを持つたんぱく質「ルビコン」に着目。マウスに脂肪の多い餌を与えたところ、肝臓でルビコンが増えることを確認した。また、遺伝子操作でルビコンが働かないようにしたマウスは、脂肪を取り続けても肝臓に脂肪がたまりにくいことが分かった。

吉森教授と大阪大の竹原徹郎教授(消化器内科)らのグループは、オートファジーを抑える働きを持つたんぱく質「ルビコン」に着目。マウスに脂肪の多い餌を与えたところ、肝臓でルビコンが増えることを確認した。また、遺伝子操作でルビコンが働かないようにしたマウスは、脂肪を取り続けても肝臓に脂肪がたまりにくいことが分かった。

PSAおよびPSA F/Tと前立腺癌

PSAおよびPSA F/Tと前立腺癌

The Ultimate guide to a brilliant #startup #pitch #presentation Zen Designer Professional

*** how to diagnose cancer in early stage *** Along with a crew of technologists and scientists, Jorge Soto is developing a simple, noninvasive, open-source test that looks for early signs of multiple forms of cancer.

Pinterest
Search