Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

ケーキと紅茶をプレートに一緒にセットして♪。。。。- ブラスト石灰30プレート皿〜李荘窯〜有田焼

シンプル・スタイリッシュなフォルムの、大きめ30cmサイズのプレート皿を、新しい加工技術『ブラスト加工』で仕上げて頂きました。

『白磁渕黒カスリ』をデザート皿に。。。- モノトーンカップ2013〜彩雲窯・松尾修介〜波佐見焼

彩雲窯・松尾修介さんに、白と黒 モノトーンをコンセプトに物作りを依頼して制作頂いた、渋くてカッコいいフラットなソーサーです。

コーディネートを考えるのが楽しくなる。。シンプルでスタイリッシュな大きめサイズのプレートです♪- ブラスト石灰30プレート皿〜李荘窯〜有田焼

シンプル・スタイリッシュなフォルムの、大きめ30cmサイズのプレート皿を、新しい加工技術『ブラスト加工』で仕上げて頂きました。

『カップサラダ』に『ドレッシング』を添えて。。- サビ粉引片口ピッチャー〜徳太郎窯〜大町

佐賀県大町の地で作陶する徳太郎窯さんから、渋いサビ味が魅力の片口のピッチャーを、白黒モノトーンの2種類でご用意しました。

時にはトレイ代わりに使うのもオシャレです♪- ブラスト石灰30プレート皿〜李荘窯〜有田焼

シンプル・スタイリッシュなフォルムの、大きめ30cmサイズのプレート皿を、新しい加工技術『ブラスト加工』で仕上げて頂きました。

この茶筌、じつは奈良県生駒市が国内生産の90%以上を占めているんです。生駒市のなかでも高山町はとくに茶道、茶筌が伝統産業として盛んなところ。この高山町で、今年も、冬の風物詩である「竹の寒干し」が始まりました。茶筌をはじめとする竹製品を作るために、軒先や田んぼに竹を干して乾燥させるもの。1束30~50本の竹が円錐状に並べられています。- colocal | 茶道の道具「茶筌」はどうやって出来る? 奈良・生駒で冬の風物詩「竹の寒干し」始まる

茶道の道具「茶筌」はどうやって出来る? 奈良・生駒で冬の風物詩「竹の寒干し」始まる

底面がフラットなお皿は『ケーキ皿』にもよく似合います♪- 菊割プレート皿〜瀬兵窯〜伊万里焼

伊万里の瀬兵窯さんから、雪を思わせる白マットと、渋〜い鳶色(とびいろ)で仕上げた、プレートスタイル菊割りの和皿をセレクトしました。

白磁手彫ボウル2013〜一真窯〜波佐見焼

サイトオープン以来ロングセラーで大人気の『一真窯』さんの『白磁手彫ボウル』を、デザインを新たにセレクトし出品しました。

『バケット』に『ハーブオイル』を添えて。。- サビ粉引6寸皿〜徳太郎窯〜大町

佐賀県大町の地で作陶する徳太郎窯さんから、渋いサビ味が魅力のサビ粉引と黒釉のツートーンでデザインしたお皿をセレクトしました。

抹茶碗として使ってみました。

うっとりするほどの美しいフォルム。 何の派手さも無い素朴なお碗。 これぞ和食器とも言えるお碗です♪ 隠者お勧めの1品いかがですか。

Pinterest
検索