Pinterest

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

着色,人生

田中一村の画像(No.7585) : CityDiver / シティダイバー

千葉市美術館  開館15周年記念 特別展 『  田中一村 新たなる全貌 』 千葉から奄美へ向かった日本画家・田中一村。没後33 年の大回顧展 田中一村(1908-77)は、栃木に生まれ、千葉市に20 年住み、奄美大島へ渡って亜熱帯の植物や鳥...

イギリス人が撮った江戸末期の日本人 西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに(画像集)

イタリア生まれのイギリス人写真家フェリーチェ・ベアトは、江戸時代末期の1865年(慶応元年)に日本各地で写真を撮影し、それに色を加えた。その色づけされた写真は、当時の日本の様子を鮮やかに蘇らせる。

Creating Border For Your Photo in Photoshop

Creating Border For Your Photo in Photoshop

葉っぱとかすみ草でつくる、旅に行きたくなるリーフアート★ かすみ草、簡単! 着色方法伝授 !!  Make leaves and blurred grass! Reef art wanting to travel ★ Blurred grass, easy! Coloring method transfer !!  #botanical#flower#artist#nature  #naturebeauty#art#design#instagramjapan#art_of_japan_#ig_japan  #ig_art#アート#デザイン  #natureart#arts#beautiful#instagood  #ハンドメイド#naturelover#handmade  #旅#花#ドライブ#旅行  #trip#travel  #journey  #airplane#boat#car

おはようございます 天気がいい日が続いてますね 主人も私もペーパードライバーですが… こんな日は、家族でドライブに行きたくなりま…

イギリス人が撮った江戸末期の日本人 西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに(画像集)

イタリア生まれのイギリス人写真家フェリーチェ・ベアトは、江戸時代末期の1865年(慶応元年)に日本各地で写真を撮影し、それに色を加えた。その色づけされた写真は、当時の日本の様子を鮮やかに蘇らせる。

イギリス人が撮った江戸末期の日本人 西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに(画像集)

イタリア生まれのイギリス人写真家フェリーチェ・ベアトは、江戸時代末期の1865年(慶応元年)に日本各地で写真を撮影し、それに色を加えた。その色づけされた写真は、当時の日本の様子を鮮やかに蘇らせる。

イギリス人が撮った江戸末期の日本人 西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに(画像集)

イタリア生まれのイギリス人写真家フェリーチェ・ベアトは、江戸時代末期の1865年(慶応元年)に日本各地で写真を撮影し、それに色を加えた。その色づけされた写真は、当時の日本の様子を鮮やかに蘇らせる。

イタリア生まれのイギリス人写真家フェリーチェ・ベアトは、江戸時代末期の1865年(慶応元年)に日本各地で写真を撮影し、それに色を加えた。その色づけされた写真は、当時の日本の様子を鮮やかに蘇らせる。

イギリス人が撮った江戸末期の日本人 西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに(画像集)

1890年代(明治中期)に撮影された日本の仕事風景を紹介しよう。これらの写真を見ると、当時の庶民生活の様子がわかります。尚、各写真の撮影者や撮影場所はバラバラです。カラーの写真は、白黒写真に後から着色した写真です。明治時代の日本の仕事風景をご覧あれ。

近代日本の夜明け、明治維新。開国とともに外国からやってきた人たちは、日本の風景、人々を描いた絵葉書をこぞって買い求めた。これらの画像は、幕末から明治初期にかけて生きた日本の人々のモノクロ写真に、絵師が色を付けたものだ。あえて濃く彩られた絵葉書は、どこか浮世絵のテイストも感じられる。

イギリス人が撮った江戸末期の日本人 西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに(画像集)

日本で「赤」は色合いによって様々な意味を持つ。国旗に描かれている赤い丸は、太陽の力強さを表現し、平安時代初期に女性の着物や化粧に使われたベニバナの深紅は地位を表していた。 江戸時代末期に、イタリア生まれのイギリス人写真家

着色カラー写真でみる100年前の明治時代!! 西洋文化で華咲いたナウいNIPPON!

 1868年、徳川家康が江戸に幕府を開いてから約3世紀、大政奉還を経て明治時代になり日本が大きく変わろうとしていた激動の時代である。鎖国が解け、西洋との貿易もはじまり、様々な新しい文化が横浜などの港町から次々と入ってきた。  その中でも、とりわけ日本人を驚かせたのは写真である。魂を吸い取られるのでは…(1/4)

制作者はCynthia Greigさんで、合成やデジタル処理による小細工は一切不使用。必要なのは白い塗料と黒い鉛筆だけです。ときどき未着色のオブジェクトが顔を出しますが、むしろそちらが着色されているように見えるという点も面白い作品ですね。

何がどう写真なのか分からない…。写真にしか見えないパステル画が最近話題になりましたが、今回の線画はすべて物体写真。制作者はCynthia Greigさんで、合成やデジタル処理による小細工は一切不使用。必要なのは白い塗料と黒い鉛筆だけです。ときどき未着色のオブジェクトが顔を出しますが、むしろそちらが着...

耶稣的生命, 着色书, 着色页, 儿童, 幼儿, 青春期, 主日学, 圣经, 新约, 英文中文双语故事, 圣经故事, Life of Jesus, coloring book, coloring pages, children, preschoolers, preteens, Sunday School, Bible, New Testament, English Chinese bilingual stories, Bible stories,

Life of jesus coloring book - 耶稣的生活着色书

耶稣的生命, 着色书, 着色页, 儿童, 幼儿, 青春期, 主日学, 圣经, 新约, 英文中文双语故事, 圣经故事, Life of Jesus, coloring book, coloring pages, children, preschoolers, preteens, Sunday School, Bible, New Testament, English Chinese bilingual stories, Bible stories,

作画は3歳の息子、着色は父。親子愛と想像力に満ち溢れた素晴らしい抽象的絵画

 3歳のキーラン・ドッドは生まれつきのアーティストのようだ。彼は自分の名前すら書けない頃から創造の楽しみに目覚めていたという。親の血は争えないのかもしれない。 彼の父親であり、アーティストのポール・ドッドによると、キーランは2歳の時点で自分のおもちゃを色