potさんの他のアイデア
Tyrolean Sweater. There are a few precious sweaters that were knitted by my husband’s mother and one of his two delightful and eccentric great aunts. One of her sweaters is a cream wool Tyrolean-style cardigan with vertical columns of beautifully embroidered flowers between the columns of cables, bobbins, and eyelets. You probably know the style. No one does this much anymore because of the labor involved. It is a gem.

Tyrolean Sweater. There are a few precious sweaters that were knitted by my husband’s mother and one of his two delightful and eccentric great aunts. One of her sweaters is a cream wool Tyrolean-style cardigan with vertical columns of beautifully embroidered flowers between the columns of cables, bobbins, and eyelets. You probably know the style. No one does this much anymore because of the labor involved. It is a gem.

2013 Autumn Collection from Nikukyu Issue #15 | Sally Scott

架空とその中にある現実 ユーモアと時々のシニック 自分の中で生まれる価値観の変化にいつも気づきながら、自分らしさを見つけて毎日を送るサリー・スコット。たとえば映画を創るように、彼女の心の機微に触れながらデザインと共に、その世界観を表現し続けています。

【ZOZOTOWN】IENA LA BOUCLE(イエナ ラ ブークル)のニット/セーター「IENA LA BOUCLE レーシーボリュームスリーブプルオーバー◆」(17080914721030)を購入できます。

【ZOZOTOWN】IENA LA BOUCLE(イエナ ラ ブークル)のニット/セーター「IENA LA BOUCLE レーシーボリュームスリーブプルオーバー◆」(17080914721030)を購入できます。

2012 Autumn Collection from Nikukyu Issue #11 | Sally Scott

架空とその中にある現実 ユーモアと時々のシニック 自分の中で生まれる価値観の変化にいつも気づきながら、自分らしさを見つけて毎日を送るサリー・スコット。たとえば映画を創るように、彼女の心の機微に触れながらデザインと共に、その世界観を表現し続けています。

ミュベール ワーク(MUVEIL WORK)2016 Resortコレクション Gallery4

ミュベール ワーク(MUVEIL WORK)2016 ResortのGallery3を紹介。ファッションプレスでは、ミュベール ワーク2016 Resortのギャラリー以外にも、人気ブランドの最新コレクションを配信・掲載しています。

photo

「Sally Scott」は、少女のように純粋な気持ちを持ち、好奇心旺盛で、いつも新しい自分を探し続けている架空の人物、サリー・スコットをイメージしたブランドです。

sally scott 2012SS あやとりかわゆ

架空とその中にある現実 ユーモアと時々のシニック 自分の中で生まれる価値観の変化にいつも気づきながら、自分らしさを見つけて毎日を送るサリー・スコット。たとえば映画を創るように、彼女の心の機微に触れながらデザインと共に、その世界観を表現し続けています。

Sally Scott 2013 Autumn

架空とその中にある現実 ユーモアと時々のシニック 自分の中で生まれる価値観の変化にいつも気づきながら、自分らしさを見つけて毎日を送るサリー・スコット。たとえば映画を創るように、彼女の心の機微に触れながらデザインと共に、その世界観を表現し続けています。

sally scott

架空とその中にある現実 ユーモアと時々のシニック 自分の中で生まれる価値観の変化にいつも気づきながら、自分らしさを見つけて毎日を送るサリー・スコット。たとえば映画を創るように、彼女の心の機微に触れながらデザインと共に、その世界観を表現し続けています。