kominka

二階に続く階段タンスの日本家屋。古き良き日本のお部屋は、逆に新しく感じるほど希少!

玄関・土間

玄関・土間 …

日本家屋 土間. Traditional genkan - outside-inside interface

85f3da91b48b54c679e4621d31a3b7e9.jpg 1,024×768 ピクセル

野中の家/古民家再生・三友Style

熊本「株式会社 三友工務店」のリフォーム・リノベーション実例とお客様の声をご紹介します。K様邸「古民家再生」


その他のアイデア
Japanese influenced home and garden

古民家をリノベーションして住む方が増えています。新築より安いだけではない「古民家」の魅力についてお伝えしたいと思います。 飴色になった柱、木枠の扉、すりガラス・・・そこには長い間誰かが住んでいて、色々な生活スタイルがあり建てられたもので、今からおよそ50年~80年前後に建てられた日本家屋。昔の建物にはよくいい木が使われている事があり、リノベーションして住む場合でも多くの木材を部分を残してリノベーションされる事が多いです。 そんなぬくもりを感じさせてくれる古民家リノベーションを集めました。

Pinterest: @kovaaliving

古き良き日本を感じる古民家リノベーション♪

Japanese farmhouse

フローリングのお部屋も増えましたが、畳はやはり落ち着きますよね。畳は日本で昔からあるもので、通気性もいいし、柔らかさもあって、温かみもある。一部屋は和室がほしいという方が多いです。畳の部屋というと古いイメージがありますが、日本らしさを生かした部屋、モダン風、個性がある部屋など色んなタイプのお部屋があるんです♪自分に合う

野中の家/古民家再生・三友Style  Nonaka of house / old houses Play-Sanyu Google Translate voor bedrijven:Translator ToolkitWebsite TranslatorGlobal Market Finder

熊本「株式会社 三友工務店」のリフォーム・リノベーション実例とお客様の声をご紹介します。K様邸「古民家再生」

Japanese room, Washitsu 和室 I feel calmness just looking at this photo. Imagine if this were your everyday view! © Cheryl Kellar

シンメトリー。かっこいい。 thekimonogallery: “ Japanese room, Washitsu 和室 ”

be394e72032c2749efe862f302f297d9.jpg (700×466)

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。 「子ど

Traditional Japanese house interior. It's so open and in harmony with the nature.

家の中に和室の畳部屋があると、ほっこり落ち着きますよね。だけどコーディネートが難しくて、おしゃれに関してはあきらめてしまいがち。そこで今回は、和室を素敵に変身させるヒントを、実例画像と共にご紹介!憧れの空間を目指して、畳部屋をセンスアップしちゃいましょう♪

野中の家/古民家再生・三友Style

Pinterest
検索