Fumiyaさんの他のアイデア
Fashionable Lady of Heian/Fujiwara Japan by lilsuika.deviantart.com on @deviantART

格格的頭怎麼越來越大顆!!【繪畫】考究明朝到民國的髮型與服飾 - A-MOre聯想貼A-MOre聯想貼

The sho, the Japanese mouth organ descended from the Chinese sheng, is used in gagaku (court music).

The sho, the Japanese mouth organ descended from the Chinese sheng, is used in gagaku (court music).

Drums: Highly decorated okedo-daiko style drum used for Gagaku and religious ceremonies. The drum is placed in a ornately carved frame, and are played with short, padded beaters. Dadaiko are usually around two meters in diameter, and are one of the oldest styles of taiko used in Japan, dating from at least the 7th century. http://www.kousakusha.co.jp/RCMD1/rcmd_1.html

グラフィックデザイナー杉浦康平著『宇宙を叩く』からアジアの太鼓図像を紹介

伎楽面 - 酔胡従 東京国立博物館(法隆寺献納宝物222号

伎楽面 - 酔胡従 東京国立博物館(法隆寺献納宝物222号

Ehon tsûhôshi / Morikuni 絵本通宝志 安麻 蘓利古 橘守国 1740年 “ぞうめん【蔵面/造面/雑面】 舞楽面の一。長方形の厚紙に白絹を張り、墨で人の顔を象徴的に描いたもの。蘇利古(そりこ)・安摩(あま)などに用いる。” 安摩の雑面 胡徳楽の雑面

胡徳楽::この舞こそは舞楽のレパートリーの内で、まさに特異中の特異なものとでもいうべきで、舞というよりも仮面をつけたパントマイムといったほうがいいかも知れません。仮面舞踊といえば、七世紀にわが国にもたらされ、平安時代にはすでに廃絶し、今ではもうその内容がわからず、仮面のみが正倉院に残されている幻の芸能である「伎楽」もあるいはこのような内容ではなかったかと推察されます。しかもこの舞は酒宴をテーマにして、登場人物がそれぞれにユーモラスなしぐさをするなど、この点においてもユニークな舞楽と言えます。この曲は現在高麗楽、壱越調に属していますが、鎌倉時代の楽書「教訓抄」によれば、この曲はもともと唐楽曲で仁明天皇の承和年間に高麗楽曲に改作されたことが記されております。さすればこの曲も唐伝の、しかも民間に行われた散楽の一つではなかったかと推察されます。

着物 平安 - Google 検索

着物 平安 - Google 検索

正倉院の楽器 甘竹簫(しょう)(復元模造)

正倉院の楽器 甘竹簫(しょう)(復元模造)

正倉院の楽器 呉竹笙と竿(う) 笙は長さ 53 cm「う」は長さ 79 cm

正倉院 宝物 - Google 検索

『伎楽面 酔胡王』 正倉院宝物のなかには、具体的にいつどこで使用されたか推測できるものがかなりある。たとえば、伎楽面がそれ。752年(天平勝宝4年)、東大寺で華々しくおこなわれた大仏開眼供養で用いられたものらしい。

『伎楽面 酔胡王』 正倉院宝物のなかには、具体的にいつどこで使用されたか推測できるものがかなりあるようだ。たとえば、いくつかの伎楽面がそれである。752年(天平勝宝4年)、東大寺で華々しくおこなわれた大仏開眼供養で用いられたものらしい。 鼻梁の突き出した『酔胡王(すいこ...