ookumaneko

ookumaneko

0 followers
·
0 followers
ookumaneko
More ideas from ookumaneko
【Unity5】VRゲーム開発に役立つかもしれないアセットを二つ開発したので紹介と解説 - N煎ログブログ

【Unity5】VRゲーム開発に役立つかもしれないアセットを二つ開発したので紹介と解説 - N煎ログブログ

実務で使っているUnityの便利モジュール・実装パターン3選 - Technology of DeNA

実務で使っているUnityの便利モジュール・実装パターン3選 - Technology of DeNA

「NovelJam」とは、著者と編集者が集まってチームを作り、数日間で小説の完成・販売までを目指す短期集中型の作品制作企画です。ジャムセッション(即興演奏)のように、参加者が互いに刺激を得ながら、その場で作品を創り上げていきます。

「NovelJam」とは、著者と編集者が集まってチームを作り、数日間で小説の完成・販売までを目指す短期集中型の作品制作企画です。ジャムセッション(即興演奏)のように、参加者が互いに刺激を得ながら、その場で作品を創り上げていきます。

Unityでアニメーションのキーフレームリダクション - SEGA TECH Blog

Unityでアニメーションのキーフレームリダクション - SEGA TECH Blog

Gamasutra - 7 tips for VR game designers, from Google's Noah Falstein

Today Falstein came to VRDC to share what he’s learned about the many ways VR confounds traditional design expectations. His top lesson?

Unreal Fest 2016 Yokohama Presentation - UE4勉強会イベント「アンリアルフェス2016横浜」の講演映像が公開!

Unreal Fest 2016 Yokohama Presentation - UE4勉強会イベント「アンリアルフェス2016横浜」の講演映像が公開!

「糖度」を意識、「キュン」のストックが重要〜「乙女ゲームのシナリオ勉強会。集え、乙女、その他」レポート – 国際ゲーム開発者協会日本

「糖度」を意識、「キュン」のストックが重要〜「乙女ゲームのシナリオ勉強会。集え、乙女、その他」レポート – 国際ゲーム開発者協会日本

Best FREE Unity Assets - Over 150 Curated Assets | Procedural Worlds

Kick-start your game with this categorized curated collection of over 180 high quality FREE unity assets!

「CEDEC2016」で,「映像酔い・VR酔いの理解とその軽減に向けて…(初級編)」という講演が行われた。VRコンテンツを作るうえで避けて通れない映像酔いの問題について,国立研究開発法人産業技術総合…

「CEDEC2016」で,「映像酔い・VR酔いの理解とその軽減に向けて…(初級編)」という講演が行われた。VRコンテンツを作るうえで避けて通れない映像酔いの問題について,国立研究開発法人産業技術総合…

パシフィコ横浜にて3日間にわたって開催されている、ゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC 2016。8月24日には、SIEJAの秋山賢成氏がパネルセッションを行い、PS VRにおけるゲームではない映像コンテンツ制作の裏話を語りました。

パシフィコ横浜にて3日間にわたって開催されている、ゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC 2016。8月24日には、SIEJAの秋山賢成氏がパネルセッションを行い、PS VRにおけるゲームではない映像コンテンツ制作の裏話を語りました。

8月24日から3日間にわたって開催されたCEDEC2016では、VRに関するさまざまな講演が行われました。 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)の大貫善数氏は、PSVRコンテンツ開発者向けのアドバイスを含む、快適なVR体験を実現するための知見を発表しました。 VRコンサルとVR酔い  VR Consultation(以下VRコンサル)とは、ソニーがPSVRコンテンツ開発者に行っている取組のこと。PSVR向けコンテンツの品質およびユーザー体験の向上を目的として、PSVRコンテンツ開発者に「VRにおいてユーザーに不快感を与える可能性がある要因を減らすノウハウ」などを提供しています。…

8月24日から3日間にわたって開催されたCEDEC2016では、VRに関するさまざまな講演が行われました。 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)の大貫善数氏は、PSVRコンテンツ開発者向けのアドバイスを含む、快適なVR体験を実現するための知見を発表しました。 VRコンサルとVR酔い VR Consultation(以下VRコンサル)とは、ソニーがPSVRコンテンツ開発者に行っている取組のこと。PSVR向けコンテンツの品質およびユーザー体験の向上を目的として、PSVRコンテンツ開発者に「VRにおいてユーザーに不快感を与える可能性がある要因を減らすノウハウ」などを提供しています。…

8月24日から3日間に渡って開催されたCEDEC2016ではVRに関するさまざまな講演が行われました。 今回は、Oculus VR日本チームの近藤 義仁氏、井口健治氏の2人が登壇し、Oculusについて、そしてハンドコントローラーOculus Touchを軸にVRにおけるハンドインタラクションについて行われた講演のレポートです。  Oculus Japann 近藤氏(左)、井口氏(右) 講演内容はまず、近藤氏の方からOculusの近況及びOculus Touchの基礎情報の発表、そして後半に井口氏からTouchのハンドインタラクションデザインについての知見発表がありました。 Oculusの最新アップデート  Oculus Riftは2016年3月に製品版であるCV1が出荷開始、専用のストア等も公開されコンテンツも徐々に増えています。Gear VRに関しては、月間アクティブユーザー数が100万人を超えており、今後もさらに増えるだろう、と言及されました。 また2016年10月5日から7日にかけて、アメリカのサンノゼにてOculusの3回目の開発者会議「Oculus Connect…

8月24日から3日間に渡って開催されたCEDEC2016ではVRに関するさまざまな講演が行われました。 今回は、Oculus VR日本チームの近藤 義仁氏、井口健治氏の2人が登壇し、Oculusについて、そしてハンドコントローラーOculus Touchを軸にVRにおけるハンドインタラクションについて行われた講演のレポートです。 Oculus Japann 近藤氏(左)、井口氏(右) 講演内容はまず、近藤氏の方からOculusの近況及びOculus Touchの基礎情報の発表、そして後半に井口氏からTouchのハンドインタラクションデザインについての知見発表がありました。 Oculusの最新アップデート Oculus Riftは2016年3月に製品版であるCV1が出荷開始、専用のストア等も公開されコンテンツも徐々に増えています。Gear VRに関しては、月間アクティブユーザー数が100万人を超えており、今後もさらに増えるだろう、と言及されました。 また2016年10月5日から7日にかけて、アメリカのサンノゼにてOculusの3回目の開発者会議「Oculus Connect…

360°映画『Pearl』― グーグルが開けたパンドラの箱は芸術を変革するか | FUZE

"Pearl" is a touching 360 degree short film by Patrick Osborne about a father and daughter set entirely in their car. The beat up hatchback shows the small

ゲームエンジンの普及で、3Dのオブジェクトを画面に表示し、衝突判定などを加えて、「ゲームっぽい」体験を作るだけなら、誰でも手軽にできるようになった。しかし実際に「遊んでおもしろい」ゲームを作るとなると、話は別だ。理由は簡単で、ゲームデザインに関する理解や知見に乏しいから。特にGameJamなどの短期でゲームを作るイベントでは、「パッと見ておもしろそうだけど、遊ぶとつまらない」ゲームが量産されがちだ。 この、ゲーム開発者なら一度は考える「ゲームデザインとは何か」という命題について、スッキリと明快な回答を与えるセミナーが、9月2日にリンクトブレイン主催のセミナー「ゲームビジネスアカデミー」第2弾で開催された。講演者は旧ナムコ出身で『エースコンバット』『エースコンバット2』『機動戦士ガンダム戦記』などを開発、現在はタイトーで『電車でGO!!』アプリ&業務用などの開発を手がける東山朝日氏。東山氏はナムコ時代に手がけた「エースコンバット」のポストモーテムやその他開発経験から得た知見を踏まえつつ、「ゲームデザインの構造 ~『面白い!』の作り方~」について語った。…

ゲームエンジンの普及で、3Dのオブジェクトを画面に表示し、衝突判定などを加えて、「ゲームっぽい」体験を作るだけなら、誰でも手軽にできるようになった。しかし実際に「遊んでおもしろい」ゲームを作るとなると、話は別だ。理由は簡単で、ゲームデザインに関する理解や知見に乏しいから。特にGameJamなどの短期でゲームを作るイベントでは、「パッと見ておもしろそうだけど、遊ぶとつまらない」ゲームが量産されがちだ。 この、ゲーム開発者なら一度は考える「ゲームデザインとは何か」という命題について、スッキリと明快な回答を与えるセミナーが、9月2日にリンクトブレイン主催のセミナー「ゲームビジネスアカデミー」第2弾で開催された。講演者は旧ナムコ出身で『エースコンバット』『エースコンバット2』『機動戦士ガンダム戦記』などを開発、現在はタイトーで『電車でGO!!』アプリ&業務用などの開発を手がける東山朝日氏。東山氏はナムコ時代に手がけた「エースコンバット」のポストモーテムやその他開発経験から得た知見を踏まえつつ、「ゲームデザインの構造 ~『面白い!』の作り方~」について語った。…