周囲とより良い距離感+存在感を作り出すために、住まいをいかに開いてまた周囲と繋げるのか考慮しながら計画を進めました。建物は東側の境界線上にそって、北側の前面道路にたいして角度をつけて配置しました。建物の北側前面全体に縁側のような上下に行き来できるベランダをもうけました。このベランダは内部と外部の距離感を調節するフィルターとなっている。

周囲とより良い距離感+存在感を作り出すために、住まいをいかに開いてまた周囲と繋げるのか考慮しながら計画を進めました。建物は東側の境界線上にそって、北側の前面道路にたいして角度をつけて配置しました。建物の北側前面全体に縁側のような上下に行き来できるベランダをもうけました。このベランダは内部と外部の距離感を調節するフィルターとなっている。

周囲とより良い距離感+存在感を作り出すために、住まいをいかに開いてまた周囲と繋げるのか考慮しながら計画を進めました。建物は東側の境界線上にそって、北側の前面道路にたいして角度をつけて配置しました。建物の北側前面全体に縁側のような上下に行き来できるベランダをもうけました。このベランダは内部と外部の距離感を調節するフィルターとなっている。  本来、外と内を隔てる壁であった場所に空間が生じることで、室内が外に近いところまで拡張します、個々の部屋はちいさながらも外部を感しる空間を作り上げています。

周囲とより良い距離感+存在感を作り出すために、住まいをいかに開いてまた周囲と繋げるのか考慮しながら計画を進めました。建物は東側の境界線上にそって、北側の前面道路にたいして角度をつけて配置しました。建物の北側前面全体に縁側のような上下に行き来できるベランダをもうけました。このベランダは内部と外部の距離感を調節するフィルターとなっている。 本来、外と内を隔てる壁であった場所に空間が生じることで、室内が外に近いところまで拡張します、個々の部屋はちいさながらも外部を感しる空間を作り上げています。


その他のアイデア

千葉県富里市に 8 戸の分譲住宅を建設するための実施コンペへの応募案。 ( ※2等案 ) 「 8 棟の住まいが集合して住むことでできる新たな郊外生活が可能な提案」が望まれました。そこで緑豊かな周辺環境を生かした大きなルーフテラス付きの住宅地を提案しました。4つの住戸をまんじ状に屋根をつなぐことですべての住戸が大きなルーフテラスを所有できます。一般的な長屋形式では、壁を共有することで庭の面積を広 げるというメリットを出していますが、この提案では屋根を共有することでルーフテラスの空間的な質と大きさを最大化するという考え方です。木々が植えられた中庭を囲うようにルーフテラスが立体的に折り重なることで、適度な視覚的なつながりをもたらし、屋根を生活の中心とする緩やかなコミュニティを形成できるのではないかと考えました 。

CASE 208 | 狭小地を利用した家(東京都世田谷区) |ローコスト・低価格住宅|狭小住宅・コンパクトハウス | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

CASE 208 | 狭小地を利用した家(東京都世田谷区) |ローコスト・低価格住宅|狭小住宅・コンパクトハウス | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

CASE 208 | 狭小地を利用した家(東京都世田谷区) |ローコスト・低価格住宅|狭小住宅・コンパクトハウス | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

CASE 208 | 狭小地を利用した家(東京都世田谷区) |ローコスト・低価格住宅|狭小住宅・コンパクトハウス | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

ベランダの家

ベランダの家

Neat Japanese design for energy efficient off-grid house.

Neat Japanese design for energy efficient off-grid house.

Pinterest
検索