(Jp-EM) 河鍋暁斎 Kyousai kawanabe (江戸/明治)

河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい、天保2年〈1831年〉 - 明治22年〈1889年〉  鬼才と呼ばれる画業
929 ピン196 フォロワー
Long noses yokai  by Kawanabe Kyosai // Ashinaga-Tenaga + Tengu mix, I suppose

Japaaanでは何度も紹介している幕末の絵師 河鍋暁斎。河鍋暁斎の妖怪作品をこれまでにもなんどか触れていますが、ユーモア溢れる作品であったり狂気を感じさせる作品であったり様々。そして今回紹介する作品は常軌を逸した長すぎる、とにかく長すぎる…

『ゴールドマン・コレクション 暁斎春画』より

暁斎が描いた春画を一挙掲載する『暁斎春画』 「男色好み」など多彩作品

書籍『ゴールドマン・コレクション 暁斎春画』が3月上旬に刊行される。 同書は、河鍋暁斎作品のコレクターであるイギリス在住のイスラエル・ゴー…

『ゴールドマン・コレクション 暁斎春画』より

暁斎が描いた春画を一挙掲載する『暁斎春画』 「男色好み」など多彩作品

『ゴールドマン・コレクション 暁斎春画』より

『ゴールドマン・コレクション 暁斎春画』より

暁斎が描いた春画を一挙掲載する『暁斎春画』 「男色好み」など多彩作品

『ゴールドマン・コレクション 暁斎春画』より

pic_012.jpg (600×299)

pic_012.jpg (600×299)

河鍋暁斎の画像 p15_37

『閻魔大王浄玻璃鏡図』 すごい人を表現する言葉は「天才」「秀才」「英才」「奇才」「鬼才」などさまざまある。それぞれ若干意味が異なるので、使い分けられたカッコよい。それぞれ岩波の国語辞典に基づいて簡単に説明していこう。

河鍋暁斎の画像 p15_24

幕末〜明治時代に活躍した浮世絵師の中で現在も高い人気を誇る絵師・河鍋暁斎。現代のアート感覚からしても暁斎の作品から伺える画力の高さは評価され続けています。そんな河鍋暁斎の作品展「鬼才―河鍋暁斎展 幕末と明治を生きた絵師」が開催されます。[c…

Pinterest
検索