版画|コレクション 横尾忠則現代美術館

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則からの寄贈・寄託作品を適切な環境で保管し、多くの人に鑑賞していただくため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館いたしました。

By Tadanori Yokoo, Japan

横尾忠則氏のポスター、「適当でない」と高校教科書で差し替え 【4月2日 AFP】文部科学省が3月25日に公表した高校美術の教科書検定で、日本文教出版が収録しよ…

《戦後文化の軌跡1945-1955(目黒区立美術館)》

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則からの寄贈・寄託作品を適切な環境で保管し、多くの人に鑑賞していただくため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館いたしました。

横尾忠則が手がけたアートワーク

表参道の「MoMA DESIGN STORE(モマ デザインストア)」で、トランクショー「横尾忠則ショップ+ポスター1970s~」が8月24日から期間限定でスタートする。11月からニューヨーク近代美術館(MoMA)で行われる現代美術展「Tokyo 1955-1970」の開催を記念して開かれるイベントで、同展に出品する美術家の横尾忠則による限定アイテムを展開。トランクショー会期初日の8月24日には、店内で横尾忠則によるトークショーが予定されている。会期は9月19日まで。

アルディ-ズ・コレクション・ミュージアム/横尾忠則1

アルディ−ズ・コレクション・ミュージアム/横尾忠則(1)

横尾忠則

右)《大仏猫》¥126,000(税込) ※各色(赤、黒、白、金)50点限定 東京・表参道のMoMA デザインストアでは、2012年8月24日(金)~9月19日(水)の期間、トランクショー(期間限...[1枚目]

RIP “kusonikomi: 切断された小指に捧げるバラード ”

古本の街・東京神田神保町にて、昭和十四年より三代に渡って営業してきた古書店です。一階から四階まで計六つの売場にたくさんの本を用意して、年中無休でお待ちしております。文学から芸術まで様々取り扱っていますので、古本の買取にも幅広く対応できます。古書買入は随時受付中です。

細江英公 Eikoh HOSOE 横尾忠則 Tadanori YOKOO

「Graphic Design」を Pinterest で発見 | アートディレクター、イラストポスター、日本のグラフィックデザイン


その他のアイデア
Pinterest
検索