もこなさんの他のアイデア
Kokurikozaka Kara / From Up on Poppy Hill SKETCH

数々の名作アニメ映画を世に送り出してきた「スタジオジブリ」。7/16には全国東宝系にて、新作『コクリコ坂から』がいよいよ公開に。その公開と同日に発売。新作『コクリコ坂から』完成までの舞台裏、ジブリ全作品解説、スタジオジブリの仕事場訪問、ジブリ作品人気キャラ図鑑、宮崎駿ロングインタビューまで、あらゆる角度から「スタジオジブリとその作品世界」に迫る、完全保存版ムックです。

この時期にノスタルジックな画像っていいよな

この時期にノスタルジックな画像っていいよな もっと見る

「闇の渓谷へようこそ。」 もっと見る

「闇の渓谷へようこそ。」 もっと見る

Shinkai Makoto

翻訳!翻訳ゥ! アニメに出てくる電線のシーンは一部海外オタクに大変好評のようです

【世界初】キングコング西野が、常識破りの手法で絵本『えんとつ町のプペル』を作る

▶︎プロジェクト概要について お騒がせしております。キングコング西野です。 僕は芸人活動の傍ら、絵本を作っております。 これまでに出版した絵本は… 『Dr.インクの星空キネマ』 『Zip&Candy ~ロボットたちのクリスマス~』 『オルゴールワールド』 …の三作です。いずれの作品も一定の評価をいただき、海外で原画展を開催、さらには海外での出版も決まりました。 ひとえに皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。 いつも本当にありがとうございます。 では、本題に入らせていただきます。 4冊目の絵本を作ろうとした時に、ひとつ疑問に思ったことがありました。 「そもそも、どうして絵本は一人で作ることになっているんだろう?」 映画やテレビや漫画は、カメラ担当、背景担当、色塗り担当、衣装担当…といった感じで各分野のプロフェッショナル達が結集し、力を合わせてチームで作品を作り上げていく、いわゆる分業制です。 しかし、絵本だけは「作家が一人で作るもの」となっています。 「各専門分野のプロフェッショナルに仕事を委託して、制作費をかけて作った絵本」は、地球上に存在しないのです。…