福岡市の内科と在宅治療を行っている病院。  白と黒、ほんの少しの赤を基調としており、スッキリとオシャレな感じ。さらに、そこに院長先生のヒゲを各所に使い、そんじょそこらの医者とは違う感を出し、フォントに丸みを持たせてリラックスした感じを出している。

福岡市の内科と在宅治療を行っている病院。 白と黒、ほんの少しの赤を基調としており、スッキリとオシャレな感じ。さらに、そこに院長先生のヒゲを各所に使い、そんじょそこらの医者とは違う感を出し、フォントに丸みを持たせてリラックスした感じを出している。

どんなことをやっているのかはよく分からないが、シンプルで良いな。と。  トップページは綺麗な写真に白文字。 これで、英語が分かったら楽しいんだろうなあ。

Thierry Ambraisse - French Art Director and Digital Designer based in Paris.

湘南と鎌倉に撮影スタジオを設けている子供専用写真館。 ヘッダーは相変わらず背景透過。大流行中なのだろうか。プラットフォームは 白に黒文字。で、ゴシック体。 差し色程度に青系や緑を使用。どれも薄くて中には人工的でないものもあるので、柔らかい。

湘南と鎌倉に撮影スタジオを設けている子供専用写真館。 ヘッダーは相変わらず背景透過。大流行中なのだろうか。プラットフォームは 白に黒文字。で、ゴシック体。 差し色程度に青系や緑を使用。どれも薄くて中には人工的でないものもあるので、柔らかい。

神戸女子大学の勧誘ページ。  白を基調に、水色を使用。文字は黒がメイン。 差し色でピンクを使用。日本語も英語もゴシック体。 下にスクロールすると、スナップ写真がサイズバラバラの縦長で出てきて、右下にハートボタンが付いているのでそこからいいと思ったコーデに投票できる。 ちなみに、偏差値は中の下くらいの大学。なので、こういったなん派なアピールが効く。

神戸女子大学の勧誘ページ。 白を基調に、水色を使用。文字は黒がメイン。 差し色でピンクを使用。日本語も英語もゴシック体。 下にスクロールすると、スナップ写真がサイズバラバラの縦長で出てきて、右下にハートボタンが付いているのでそこからいいと思ったコーデに投票できる。 ちなみに、偏差値は中の下くらいの大学。なので、こういったなん派なアピールが効く。

北海道のWebサイト制作の会社のページ。  ヘッダーは北海道の町並みや仕事風景に、お客様へのメッセージを入れたものになっている。 で、それは立方体になっておりときどきバックのgifが変わる。  白と黒が基調になっているので、上品でカッコ良い感じがして、センスが良い。 こういったサイトを作ってみたいと思った。

北海道のWebサイト制作の会社のページ。 ヘッダーは北海道の町並みや仕事風景に、お客様へのメッセージを入れたものになっている。 で、それは立方体になっておりときどきバックのgifが変わる。 白と黒が基調になっているので、上品でカッコ良い感じがして、センスが良い。 こういったサイトを作ってみたいと思った。

温泉のページ。  白と水色を基調にして、水色はドット柄で配置。ポップな感じになっている。 しかし、茶色の明朝体で軽くなり過ぎないようにし、またトップをちょっと下にスクロールさせると温泉の写真が目一杯出るようになっている。

温泉のページ。 白と水色を基調にして、水色はドット柄で配置。ポップな感じになっている。 しかし、茶色の明朝体で軽くなり過ぎないようにし、またトップをちょっと下にスクロールさせると温泉の写真が目一杯出るようになっている。

東京と京都にあるインテリアショップ。  色は水色に白を重ねており、英語はアメリカンな文字で日本語は細ゴシック体。 ヘッダーの写真に余白があるので、スッキリと簡潔に見える。 透過技術を使ってる訳でも、別に凝ったアイディアもないのにこういったページは作ってみたいなと思った。

東京と京都にあるインテリアショップ。 色は水色に白を重ねており、英語はアメリカンな文字で日本語は細ゴシック体。 ヘッダーの写真に余白があるので、スッキリと簡潔に見える。 透過技術を使ってる訳でも、別に凝ったアイディアもないのにこういったページは作ってみたいなと思った。

飲み放題より、お酒は少しでいいからしっかりと美味しい料理を堪能したいという学生の思いから生まれたサイト。  赤をベースに、白や黒を使用。 赤をベースにしているのは上品さが醸しだせるのに、食欲が湧いてくれるからか。 以外にも、明朝体は使用してない。  ヘッダーは様々な料理の写真に枠を付けて不規則に写真を配置。読み手の想像が膨らむ。  「ゴチ会」というのは浸透してないのでヘッダーのすぐ下にコンプセトが置いてあるのは良い。

飲み放題より、お酒は少しでいいからしっかりと美味しい料理を堪能したいという学生の思いから生まれたサイト。 赤をベースに、白や黒を使用。 赤をベースにしているのは上品さが醸しだせるのに、食欲が湧いてくれるからか。 以外にも、明朝体は使用してない。 ヘッダーは様々な料理の写真に枠を付けて不規則に写真を配置。読み手の想像が膨らむ。 「ゴチ会」というのは浸透してないのでヘッダーのすぐ下にコンプセトが置いてあるのは良い。

ウェディングドレス紹介店のサイト。  写真がメインで、その他の部分は白を基調にそこにピンクと黒を載せて、アクセントとして本物の質感がある結婚式を連想させる華やかなものを置いている感じ。  文字体はオシャレ感を演出するために英語が多い。なお筆記体っぽいものを使用。 日本語は明朝体とAppleっぽい字体。

ウェディングドレス紹介店のサイト。 写真がメインで、その他の部分は白を基調にそこにピンクと黒を載せて、アクセントとして本物の質感がある結婚式を連想させる華やかなものを置いている感じ。 文字体はオシャレ感を演出するために英語が多い。なお筆記体っぽいものを使用。 日本語は明朝体とAppleっぽい字体。

わざわざ遠くに出かけなくても、身近な場所が旅先になるというのをモットーにしている雑誌。  透過を使ったり、パラパラ漫画みたいなgifを使ったり、白の下地に薄紫の大きい文字が刻んであるところに細かい黒文字で書いたり、オシャレなページに仕上がってる。

わざわざ遠くに出かけなくても、身近な場所が旅先になるというのをモットーにしている雑誌。 透過を使ったり、パラパラ漫画みたいなgifを使ったり、白の下地に薄紫の大きい文字が刻んであるところに細かい黒文字で書いたり、オシャレなページに仕上がってる。


More ideas
Pinterest
Search