吹き抜け

6 Pins
 1y
LDKに大きく吹抜を設けたお住まいです。 日中は写真の南側から陽の光が差し込み、冬でも暖かく快適な暮らしを送られています☺︎ 南側の窓装飾は全て木製ブラインドを採用し、スリット(羽)で入る日射量の調整が可能です🌞
ブラインドで日射量を調節
LDKに大きく吹抜を設けたお住まいです。 日中は写真の南側から陽の光が差し込み、冬でも暖かく快適な暮らしを送られています☺︎ 南側の窓装飾は全て木製ブラインドを採用し、スリット(羽)で入る日射量の調整が可能です🌞
《 必要最小限のキャットウォーク 》 写真のすのこ状のキャットウォークは落ちていく光の量をしぼらないよう、通路幅約55cmと最小限に抑えています。 キャットウォークは窓の内側�のお手入れの為に設けており、 普段バルコニーへの行き来には別に建具を取り付けています🪟
必要最小限のキャットウォーク
《 必要最小限のキャットウォーク 》 写真のすのこ状のキャットウォークは落ちていく光の量をしぼらないよう、通路幅約55cmと最小限に抑えています。 キャットウォークは窓の内側のお手入れの為に設けており、 普段バルコニーへの行き来には別に建具を取り付けています🪟
株式会社 エヌテック|広島のパッシブデザイン工務店はInstagramを利用しています:「《 上下階、その先との繋がり》 広島県三原市の二世帯住宅です。 約12帖の大きなフリースペースからは、吹き抜けを介して1階のLDKとの繋がっています。 また、北側のフリースペースから南側の窓を望むことができ、広大な景色と清涼な空気を楽しむことが出来ます。 - - - -…」 Home, Instagram, Outdoor, Décor, Home Décor, Room Divider, Deck, Home Decor, Room
株式会社 エヌテック|広島のパッシブデザイン工務店はInstagramを利用しています:「《 上下階、その先との繋がり》 広島県三原市の二世帯住宅です。 約12帖の大きなフリースペースからは、吹き抜けを介して1階のLDKとの繋がっています。 また、北側のフリースペースから南側の窓を望むことができ、広大な景色と清涼な空気を楽しむことが出来ます。 - - - -…」
株式会社 エヌテック|広島のパッシブデザイン工務店はInstagramを利用しています:��「大開口窓と吹き抜け ⁡ こちらの写真は、完成間近の東広島市の物件です。 ⁡ 南面に高さ2m×幅2.1mの引き違い窓(1階)と高さ1.6m×幅2.1mの引き違い窓(2階)を設けています。 ⁡ 日射遮蔽対策として下屋や庇を設けており、将来的にすだれやシェードなどが取り付けられるよう…」 Windows
株式会社 エヌテック|広島のパッシブデザイン工務店はInstagramを利用しています:「大開口窓と吹き抜け ⁡ こちらの写真は、完成間近の東広島市の物件です。 ⁡ 南面に高さ2m×幅2.1mの引き違い窓(1階)と高さ1.6m×幅2.1mの引き違い窓(2階)を設けています。 ⁡ 日射遮蔽対策として下屋や庇を設けており、将来的にすだれやシェードなどが取り付けられるよう…」
株式会社 エヌテック|広島のパッシブデザイン工務店はInstagramを利用しています:「吹き抜けのあるLDK  こちらの写真は、先日お引き渡しを行った物件です。  撮影した場所からLDKとコージーコーナー(1階)、図書コーナー(階段途中)が見え、外に目を向けると山や庭が見える場所になります。  大きな吹き抜け空間のため開放感があり、風もよく通り抜け、多…」 Loft, Loft Bed, Bed, Decor
株式会社 エヌテック|広島のパッシブデザイン工務店はInstagramを利用しています:「吹き抜けのあるLDK こちらの写真は、先日お引き渡しを行った物件です。 撮影した場所からLDKとコージーコーナー(1階)、図書コーナー(階段途中)が見え、外に目を向けると山や庭が見える場所になります。 大きな吹き抜け空間のため開放感があり、風もよく通り抜け、多…」
株式会社 エヌテック|広島のパッシブデザイン工務店はInstagramを利用しています:「吹き抜けの手すりについて。  吹き抜けを設けた場合には、落下防止のための手すりを必ず計画しなければなりません。  格子状の手すりにした場合、窓が近くにあれば多くの光を採り入れられ、下の部屋まで光を届ける事ができます。 また、格子の足元を床ではなく梁や壁に固定する事で格…」 Divider
株式会社 エヌテック|広島のパッシブデザイン工務店はInstagramを利用しています:「吹き抜けの手すりについて。 吹き抜けを設けた場合には、落下防止のための手すりを必ず計画しなければなりません。 格子状の手すりにした場合、窓が近くにあれば多くの光を採り入れられ、下の部屋まで光を届ける事ができます。 また、格子の足元を床ではなく梁や壁に固定する事で格…」