Francis Bacon

美術史の中で名を残すであろう革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。

Francis Bacon

美術史の中で名を残すであろう革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。

レインコートを着たフランシス・ベーコン(1967年頃撮影)

30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」

アイルランドのダブリンに生まれたフランシス・ベーコン(1909‒1992)は、ロンドンを拠点にして世界的に活躍した画家です。その人生が20世紀とほぼ重なるベーコンは、ピカソと並んで、20世紀を代表する画家と評されており、生誕100年となる2008年から2009年には、テート・ブリテン(英国)、プラド美術館(スペイン)、メトロポリタン美術館(アメリカ)という世界でも主要な美術館を回顧展が巡回しました。 主要作品の多くが美術館に収蔵されており、個人蔵の作品はオークションで非常に高値をつけているため、ベーコンは、展覧会を開催するのが最も難しいアーティストのひとりだと言われています。そうしたこともあってか、日本では、生前の1983年に東京国立近代美術館をはじめとする3館で回顧展が開催されて以来、30年間にわたり個展が開催されてきませんでした。

ART│日本国内では30年ぶりの大規模個展『フランシス・ベーコン展』 ギャラリー

『フランシス・ベーコン展』 《ジョージ・ダイアの三習作》1969年 ルイジアナ近代美術館 ⓒ The Estate of Francis Bacon. All rights reserved. DACS 2012 Z0012


その他のアイデア
Pinterest
検索