japanese logo shop

The logos of Japanese shops ....like Japanese style...very neat and tidy. This show is end. 【終了】日本デザインコミッティー創立60周年企画展 銀座目利き百貨街2 - 展覧会&ギャラリー | 松屋銀座 もっと見る

日本酒を学び、自分好みのお酒と出会えるアプリ「Sakenomy」のロゴマーク。  日本酒のラベルにスマホのカメラをかざすと、そのお酒の詳細な情報などを知ることができ、そして記録できるという、日本酒好きがもっともっと好きなる、そんなアプリですね。 そのロゴデザインは、酒の文字をお猪口のモチーフで彩っています。  このロゴのデザイナー、藤岡優里さん曰く、「『酒』という漢字をモチーフにし、利き酒の際に使用する『利き猪口』の蛇の目模様(紺色の二重丸)をイメージして作りました。いろんな日本酒を飲んで味のテイスティングをしてほしいという思いをこめています」とのこと。 なるほど、ブルーの二重丸は、定番のお猪口の底に描かれた蛇の目なのですね。  ぱっと見でわかるものだけでなく、「らしさ」をいくつも詰め込むという発想がロゴづくりには必要かも知れません。

ロゴは「らしさ」をいくつも組み合わせる

日本酒を学び、自分好みのお酒と出会えるアプリ「Sakenomy」のロゴマーク。 日本酒のラベルにスマホのカメラをかざすと、そのお酒の詳細な情報などを知ることができ、そして記録できるという、日本酒好きがもっともっと好きなる、そんなアプリですね。 そのロゴデザインは、酒の文字をお猪口のモチーフで彩っています。 このロゴのデザイナー、藤岡優里さん曰く、「『酒』という漢字をモチーフにし、利き酒の際に使用する『利き猪口』の蛇の目模様(紺色の二重丸)をイメージして作りました。いろんな日本酒を飲んで味のテイスティングをしてほしいという思いをこめています」とのこと。 なるほど、ブルーの二重丸は、定番のお猪口の底に描かれた蛇の目なのですね。 ぱっと見でわかるものだけでなく、「らしさ」をいくつも詰め込むという発想がロゴづくりには必要かも知れません。…

6 Badges & Stickers: A set of 6 Retro Vintage Badges & Stickers which can be used as your logos, labels, badges, watermark and other identity and branding materials. Use these insignias as

Real Estate Retro Vintage Badges

6 Badges & Stickers: A set of 6 Retro Vintage Badges & Stickers which can be used as your logos, labels, badges, watermark and other identity and branding materials. Use these insignias as

Untitled

ジャスティープラントは、「気持ちをデザインする。そのデザインをカタチにする」というスローガンをもっとも大切にしております。私どもは、お客様の熱い想いや気持ちの具現化こそが「デザイン」であると思っております。つまりは、ある問題(ブランディングや売り上げアップ、スタッフのモチベーションアップなどなど)を解決するために、最初に、お客様のヒアリングに重きを置き、お客様とともに、考え方やコンセプトを組み立て、それを様々な媒体に応じて、表現/デザインしていきます。 デザインとは、表面を飾ることではなく、本質をいかにちゃんと伝えるかが大事で、時には、大胆にまでの削ぎ落としも行います。 そのように、ひとつひとつを丁寧に、お客様とともに作り上げたデザインには、想いが宿り、大きな可能性を秘めたコンテンツになると信じております。 そして、お客様の未来が「デザイン」のチカラで、少しでも明るく、ワクワク、楽しく、開けていくことが、私どもジャスティープラントの使命であると思っております。

紙地図

紙地図のタイプロゴができた。 いまいち気に入っていないので、作り直す予定。 ひとまず、これでいきます。 でも、この商品はオリジナル商品ではな...


その他のアイデア
Pinterest
検索