noeさんの他のアイデア
横尾忠則

表参道の「MoMA DESIGN STORE(モマ デザインストア)」で、トランクショー「横尾忠則ショップ+ポスター1970s~」が8月24日から期間限定でスタートする。11月からニューヨーク近代美術館(MoMA)で行われる現代美術展「Tokyo 1955-1970」の開催を記念して開かれるイベントで、同展に出品する美術家の横尾忠則による限定アイテムを展開。トランクショー会期初日の8月24日には、店内で横尾忠則によるトークショーが予定されている。会期は9月19日まで。

日本語は知ってのとおり「漢字」「ひらがな」「カタカナ」が混在しており、複雑でありながら洗練された日本の文字はそ…

日本語は知ってのとおり「漢字」「ひらがな」「カタカナ」が混在しており、複雑でありながら洗練された日本の文字はそ… もっと見る

cool poster 145 - Google 検索

『新宿泥棒日記』は、1969年に公開された、大島渚監督の映画作品である。黒白の94分でパート・カラー、スタンダード。創造社制作、ATG配給。

《第65回日本ダービーGⅠ(JRA)》

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則からの寄贈・寄託作品を適切な環境で保管し、多くの人に鑑賞していただくため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館いたしました。

《戦後文化の軌跡1945-1955(目黒区立美術館)》

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則からの寄贈・寄託作品を適切な環境で保管し、多くの人に鑑賞していただくため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館いたしました。

『黒蜥蜴(東京芸術劇場)』1993年 横尾忠則現代美術館蔵

横尾忠則のグラフィックワークを中心とした『阪神・淡路大震災20年展 横尾忠則展 枠と水平線と... グラフィック・ワークを超えて』が、7月12日から兵…

Japanese Liquor Label

時にデザイナー、時に一家の大黒柱、時にただの食いしん坊として徒然なるままに「おいしい」を綴ったデザイン日記

Tadanori Yokoo

横尾忠則氏のポスター、「適当でない」と高校教科書で差し替え 【4月2日 AFP】文部科学省が3月25日に公表した高校美術の教科書検定で、日本文教出版が収録しよ…