抹茶碗

23 Pins35 Followers
Honami Kouetsu ”不二山”

Hon' ami Koetsu - "Mount Fuji" raku teabowl - Japan - Momoyama period , early This is an example of wabi-sabi, the Japanese aesthetic of finding beauty in imperfection.

黒楽茶碗 銘「あやめ」 作者 長次郎 時代 桃山時代(16世紀後期) 黒楽茶碗 銘あやめ くろらくちゃわん めい あやめ 千利休の高弟南坊宗啓が著した『南方録』によると、天正15年(1587)五月中に利休は「茶碗 黒 渓蓀」を3回用いているが、本図の茶碗はそれにあたるものと推測されている。外箱蓋表に「あやめ 長次郎作 旦(花押)」、内箱蓋表に「長次郎焼 茶碗」と宗旦が書き付けている。同じく長次郎作の茶碗「まこも」の中箱に、久須美疎安が「あやめハ千宗守ニ有之」と記しているので、「あやめ」は、宗旦から一翁宗守、さらに官休庵に伝わったと思われる。後に永楽善五郎の所持となり、草間伊兵衛に譲られた。「大黒」や「俊寛」の形式とも違った独特の作行きの茶碗で、侘びの趣きの深い名碗の一つである。全体がかなり厚手に成形されており、胴にわずかにくびれがつけられていて、肌の起伏に言い難い趣きがある。高台は小振りで低く、高台内の兜巾は渦がなくおとなしい。畳付には目跡が5つ残っている。黒釉には長次郎焼特有の黄褐色のかせがむらむらと現れていて、いかにも古色蒼然とした趣きである。見込みはい...

Raku chawan, named ‘Ayame’, a masterpiece by Chōjirō. It is said to have been used by Rikyū at a tea ceremony held in

Raku Chojiro (died 1589) the first generation of Japan’s most famous family of ceramic artists represented today by Raku Kichizaemon (born 1949) the 15th generation in the lineage.http://www.etsy.com/shop/corylum

Black Raku tea bowl by Raku Chojiro founder of Raku ware under the guidance of Sen no Rikyu, who established chanoyu, the tea ceremony.

初代長次郎 黒樂茶碗 銘「匂当」 元伯宗旦書付 楽焼き

初代長次郎 黒樂茶碗 銘「匂当」 元伯宗旦書付 楽焼き

本阿弥光悦 黒樂茶碗 村雲

Black Raku tea bowl named “Murakumo” by Hon’ami Kôetsu “The mouth is curved outward, the black glaze applied with deliberate irregularity around the mouth and the area of the body to show the red clay texture underneath.

Pinterest
Search