OIRAN 花魁

Japanese Courtesan procession An oiran refers to a high-ranking courtesan in the pleasure quarter of Yoshiwara.

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

芸妓「富菊」> 大正〜昭和初期の小説家・長谷川時雨の「明治美人伝」によると、"三都歌妓の代表として最も擢 (ぬきんで )ている女であろう" と語られ、京都で最大の花街「祇園甲部」が主催する舞踊公演「都をどり」に度々登場した記録から、その舞は相当のものだったと推測される

謎に包まれた妖艶の芸妓。明治・大正・昭和を生きた「富菊」のオーラが、時代を超えている

“…During the years Taisho 10 and Taisho 11 and Tomigiku was one of the great beauties of Kyoto. With her long eyelashes, and watery eyes reflecting the light, it.

oiran

1900年頃の花魁の写真。このオーラ・・・只者じゃないな

芸者(明治時代の美人ランキング)

Young geisha named Ryoko, who married a foreign minister of Japan, Munemitsu Mutsu. She was sold to a geisha house by her impoverished samurai family.

Geisha Tattoos, Japanese Geisha, Vintage Portrait, Photography Portraits, Comment, Photographs, Girls Day Japan, Search, Meiji Era

大正美人、きれいですなぁ・・・

A woman above 21 is considered too old to be a maiko and becomes a full geisha…

nobuyoshi araki

red-lipstick: Nobuyoshi Araki 荒木 経惟 Araki Nobuyoshi aka Arākī アラーキー (Japanese, Tokyo, Japan) - Untitled (Watermelon) from Colourscapes, 1991 Photography

Pinterest
Search