Noritaka Maeshiro
Noritakaさんの他のアイデア
キラー通りに佇む「塔の家」は狭小住宅のマスターピース

建築の専門化が選りすぐった「狭小住宅」を20軒紹介。どれも建築面積が10坪以内。それぞれに条件の異なる狭小地でありながらも、厳しい法の規制や資金面の問題をものともせず建ちあがった傑作揃いだ。

★昭和の名建築・東孝光設計「塔の家」を見学させて戴きました

先日受賞した「住まいの環境デザインアワード2010」の審査員を務めていた東利恵先生のご好意により、あの昭和の名建築「塔の家」を見学させていただく事が出来ました。 この建物は、建築をしている学生や建築家なら誰もが知っている都市型住宅の金字塔として位置づけられており、私も写真や図面で色々勉強し、外観も拝見させて戴いておりました。 しかし、この建物は約6坪の敷地に建つ5階建ての住宅をなんですね。 その為、写真等ではなかなかフレームに納まりきらずに、どのような内部構成なのかを図面と写真からイメージするしかなく、ず~~~と指をくわえて外から眺めていたのです。 地下1階、地上5階建ての塔の家は、各フロアがリビング、水廻り、主寝室、寝室、倉庫とワンフロアづつに用途が分かれながらも階段で全てが繋がった一体の空間。 ”...

キラー通りに佇む「塔の家」は狭小住宅のマスターピース

建築の専門化が選りすぐった「狭小住宅」を20軒紹介。どれも建築面積が10坪以内。それぞれに条件の異なる狭小地でありながらも、厳しい法の規制や資金面の問題をものともせず建ちあがった傑作揃いだ。

Casa H

この写真はfeve casa の参加建築家「一級建築士事務所 大内環境デザイン研究室/一級建築士事務所 大内環境デザイン研究室」が設計した「Casa H」写真です。