Pinterest

日本 * Кацушика Хокусай * (葛飾北斎) * Katsushika Hokusai * 富嶽三十六景

本ページで絹川はちふせがお求めいただけます。鬼怒川の漁を描いた一枚。大きな砂山と襞のように重なる白い波頭が印象的な、北斎らしい大胆な構図です。※本作品は、江戸時代のオリジナル作品にならい、中判サイズ(他の作品の半分のサイズ)で制作しています。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

本ページで相州浦賀がお求めいただけます。現在の横須賀一帯の海岸付近を描いたもの。波一つない静かな内海を描いた構図に、ちょうど魚を釣り上げた釣り人の姿が、リズミカルな動きを与えています。海外※本作品は、江戸時代のオリジナル作品にならい、中判サイズ(他の作品の半分のサイズ)で制作しています。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

本ページで五島鯨突がお求めいただけます。五島列島の捕鯨を描いた異色作。ずらりと並んだ舟との対比が、巨大な鯨の存在感を強調しています。※本作品は、江戸時代のオリジナル作品にならい、中判サイズ(他の作品の半分のサイズ)で制作しています。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

本ページで甲州火振がお求めいただけます。火振は夜の川辺で松明を振り、魚をおびき寄せる漁法。白く抜いた星空が夜の暗さをよく表しており、松明の動きと渓流の流れが相俟って見事な躍動感を生み出しています。※本作品は、江戸時代のオリジナル作品にならい、中判サイズ(他の作品の半分のサイズ)で制作しています。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

本ページで総州銚子がお求めいただけます。小さな画面いっぱいに描かれた海面は迫力満点!鮮やかなブルーの色で爽快感あふれる作品となっています。※本作品は、江戸時代のオリジナル作品にならい、中判サイズ(他の作品の半分のサイズ)で制作しています。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

本ページで相州大山ろうべんの滝がお求めいただけます。現在の神奈川県伊勢原市大山の滝を描いています。大山は、現在でも登山を楽しむ方々が多い場所ですが、江戸時代大山寺にお参りする人々で賑わった場所で、浮世絵によく登場する場所でもあります。大山寺に参詣する人々が、心身を浄化させるために祈りながら滝にあたる、いわゆる水垢離(みずごり)を行っている姿が印象的です。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

東海道坂ノ下清滝くわんおん|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

東海道坂ノ下清滝くわんおん|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

東都葵ケ岡の滝|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

東都葵ケ岡の滝|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

木曾路ノ奥阿弥陀の滝|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

木曾路ノ奥阿弥陀の滝|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

木曾路ノ奥阿弥陀の滝|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

木曾路ノ奥阿弥陀の滝|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

木曾海道小野ノ瀑布|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

木曾海道小野ノ瀑布|葛飾北斎|諸国滝廻り|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

本ページで芙蓉に雀がお求めいただけます。芙蓉は、8~10月頃に咲く花で、花言葉は「繊細な美・しとやか」。北斎は本シリーズで花と鳥を描写するだけでなく、自然の中での風・空気・時間までを表現しようと試みています。本図は、蕾(つぼみ)や花びらの描線に、一気に描いた筆の勢いの良さを感じます。描きそえられた雀が、画面のバランスを上手に保っています。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

本ページで朝顔に雨蛙がお求めいただけます。朝顔は、7~8月頃に咲く花で、花言葉は「愛情・平静」。花びらや葉の裏表を濃淡の色彩で分けることで繁る朝顔の立体感、量感を十分に表現しています。繁る朝顔の中に葉っぱの緑色と同じ色でひっそりと隠れているように見える蛙の姿は、見る者を驚かせてくれます。北斎の遊び心が見られる作品で、まさにトリックアートです。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

本ページで紫陽花に燕がお求めいただけます。紫陽花は、5~7月頃に咲く花で、花言葉は「辛抱強い愛情」。北斎は本シリーズで花と鳥を描写するだけでなく、自然の中での風・空気・時間までを表現しようと試みています。動きを表現するためか本図は、紫陽花を精密に描き、燕をラフに捉えています。また薄い色でぼかしがつけられ、紫陽花が大変立体感です。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

本ページで紫陽花に燕がお求めいただけます。紫陽花は、5~7月頃に咲く花で、花言葉は「辛抱強い愛情」。北斎は本シリーズで花と鳥を描写するだけでなく、自然の中での風・空気・時間までを表現しようと試みています。動きを表現するためか本図は、紫陽花を精密に描き、燕をラフに捉えています。また薄い色でぼかしがつけられ、紫陽花が大変立体感です。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

本ページで牡丹に蝶がお求めいただけます。牡丹は、4~5月頃に咲く花で、花言葉は「高貴・壮麗」。北斎は本シリーズで花と鳥を描写するだけでなく、自然の中での風・空気・時間までを表現しようと試みています。本図は、蝶が風に吹かれて揺れる牡丹に留まろうとした瞬間を的確に捕らえて、「森羅万象を生けるがごとく描かん」という意気込みを読み取ることができます。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。