簡単!くるみボタンに安全ピンでブローチにする作り方

手作りブローチがおでかけ時のワンポイント。 大人かわいい ほめられアクセサリーです♪

こぎん刺しが刺しあがった布で、クルミボタンを作ります 私なりの方法で作っていますので正解かどうか分かりませんが、出来上がりがきれいになるように試行錯誤しています まず、刺した布を押し洗い程度に洗います タオルに広げて水を切っている間に、接着芯とフェルトを丸く切り抜きます 切り終わる頃には、刺した布もいい具合に水気が切れているので、布も丸く切り抜きます 布に接着芯をアイロンで貼り付けます 接着芯は、クルミボタンのカーブをなだらかにする為に貼っています 出来上がった時に布目の隙間から、クルミボタンのアルミが光って見えてしまうのも防ぎます フェルト (または フェンネル)を挟んでから、クルミボタンの打ち具にセットして ぐいっと差し込みます 布に厚みがあるときはゴムの金槌を使って叩いて入れます フェルト(時にはフランネル)は、クルミボタンをふっくらさせる為に入れています 布の厚みで挟み込むフェルトの厚みを変えたり、角を落とす作業をしています 出来上がったクルミボタンの裏にピンを接着して、ブローチの出来上がりです

こぎん刺しが刺しあがった布で、クルミボタンを作ります 私なりの方法で作っていますので正解かどうか分かりませんが、出来上がりがきれいになるように試行錯誤しています まず、刺した布を押し洗い程度に洗います タオルに広げて水を切っている間に、接着芯とフェルトを丸く切り抜きます 切り終わる頃には、刺した布もいい具合に水気が切れているので、布も丸く切り抜きます 布に接着芯をアイロンで貼り付けます 接着芯は、クルミボタンのカーブをなだらかにする為に貼っています 出来上がった時に布目の隙間から、クルミボタンのアルミが光って見えてしまうのも防ぎます フェルト (または フェンネル)を挟んでから、クルミボタンの打ち具にセットして ぐいっと差し込みます 布に厚みがあるときはゴムの金槌を使って叩いて入れます フェルト(時にはフランネル)は、クルミボタンをふっくらさせる為に入れています 布の厚みで挟み込むフェルトの厚みを変えたり、角を落とす作業をしています 出来上がったクルミボタンの裏にピンを接着して、ブローチの出来上がりです…

暑いですねー。けど、トリプル台風が過ぎてからなんか暑さが違う感じがする。 ムシムシ感がちょっと減った気が? 9…

ブログ更新が久しぶり。 といっても、ちゃんと見たら1週間空いただけなのね。もっとサボってた気がする!w まー、以前には半年以上もブログを放置してたときもあるし、こ、このぐらいなら、全然問題ないですよね...


その他のアイデア
Pinterest
検索