Nami
Namiさんの他のアイデア
The Intern/マイ・インターン

ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウエイ主演のThe Intern(邦題名 マイ・インターン)を観る。あらすじは以下のとおり。 アン・ハサウェイが演じる華やかなニューヨーク業界に拠点を置くファッションサイトを運営するやり手のCEOジュールスは、仕事と家庭を両立している出来る女。誰もが尊敬して羨む彼女ですが大きな試練に直面…

テルマエ・ロマエ

テルマエロマエ ★★★★☆ 「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」を受賞したヤマザキマリの同名コミックを阿部寛主演で実写映画化。古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが現代日本にタイムスリップし、日本の風呂文化を学んでいく姿を描くコメディドラマ。生真面目な性格で古き良きローマの風呂文化を重んじる浴場設計師のルシウスは、ふとしたきっかけで現代日本にタイムスリップ。そこで出会った漫画家志望の真実ら「平たい顔族(=日本人)」の洗練された風呂文化に衝撃を受ける。古代ローマに戻りそのアイデアを用いた斬新な浴場作りで話題となったルシウスは、時の皇帝ハドリアヌスからも絶大な信頼を寄せられるようになるのだが……。映画オリジナルのヒロイン・真実を上戸彩が演じる。監督は「のだめカンタービレ」の武内英樹。

Before Sunset

映画『ビフォア・サンセット』の作品情報:リチャード・リンクレイター監督の『恋人までの距離(ディスタンス)』の続編。前作に引き続き、イーサン・ホークとジュリー・デルピーが登場。お互いの気持ちを確かめるための時間がほんの数時間しかない中で、どうやって思いを伝えるのか、ドキドキしながら最後まで楽しめる。

Before Sunrise

「恋人までの距離(ディスタンス)」の解説、あらすじ、評点、62件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - ウィーンの街に一晩の予定で立ち寄ったアメリカ人青年と、彼と列車で出会ったフランス人の女学生、14時間だけ一緒に過ごすことにした二人のあいだに芽生える真実の恋を描くロマンチック・コメディ。監督は長編第三作目の本作が日本初公開となるリチャード・リンクレイターで、原案と脚本も担当。製作はリンクレイターとは前作『スラッカー』(未)に続きこれが二本目になるアン・ウォーカー・マクベイ。エグゼクティヴ・プロデューサーに「希望の街」のジョン・スロス。共同脚本はキム・クリザン。撮影は『スラッカー』(未)に続いてリンクレイターと組むリー・ダニエル。編集はサンドラ・エイデアー。出演はX世代の代表的俳優と言われる「リアリティ・バイツ」のイーサン・ホークと、「トリコロール 白の愛」のジュリー・デルピー。95年ベルリン映画祭銀熊賞受賞。DVDタイトル「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」。

Whip It

見逃した名作も見つかるかも…? #女性映画が日本に来るとこうなる が「どうしてこうなった」続出 - Togetterまとめ

タイピスト!/Populaire

Populaire ★★★★★ 衣裳・美術・音楽が超キュート❤ カワイすぎて鼻血出る。 とにかく色使いが綺麗なのだ。“イノセント・ガーデン”も色が綺麗だったけど、トーンが違うから雰囲気全然違う。凄いな〜 ふたりで特訓するシーンはマギー・ジレンホール&ジェームズ・スペイダーの“セクレタリー”を思い出した。 あれみたく SM にはならなかったけどかなりスパルタ。タイプライターなのにジョギングとかするしw でも、見てると確かにハードな競技で、特に改行は女性にはキツそう。 向かい合って火花バチバチ散らせながら闘う決勝戦は見もの。 ラブストーリーもキュートで、グイグイいかないとこがもどかしくて楽しいw ローズ役のデボラ・フランソワは“譜めくりの女” “マンク”の暗くて怖い役しか観てないから全然イメージ違った。 ミア・ワシコウスカ&イモージェン・プーツに似てる。 ロマン・デュリスは、いつも通り巧い。 オドレイ・トトゥ共演の“ムード・インディゴ うたかたの日々”がファンタジックでこれまたキュート。楽しみ〜♪ ベレニス・ベジョは“アーティスト”より地味だが存在感あるイイ役だった。…