落ち着きと開放感を感じる暮らし

土間のある暮らし - 施工事例 デザイン住宅・注文住宅・自由設計の[neie(ネイエ)]洞口(ホラグチ) | 富山 岐阜 名古屋 More

House in Ohno by Airhouse Design Office

Airhouse Design Office creates a hierarchy of rooms inside this house

静岡県周智郡森町で計画したRCの住宅。耐震性を持たせた構造に、新築でありながらもラスティックな質感を与えていった計画。外部との間に設けた屋根付きのテラスがLDKに心地よい自然光と風を室内に運び、吹き抜けになったLDKを囲うように各個室を並べた。こうすることで全ての部屋が外部の自然を感じることができると同時に、家族の気配を適度な距離感で感じさせることを可能にしている。コンクリートと鉄の無機質な質感に断熱部分に貼った古材がぬくもりを与え、クライアントが揃えた照明、家具、植栽、外構によりインダストリアルかつ自然を感じられるテイストの空間が完成した。新築でありながらもリノベーションのような風合いであるが、キレイにつくることだけが新築ではなく、ラフでありながらも新しいものもあっても良いのではないかと考えていった計画である。

玄関事例:玄関(温故知新)

この住宅は、西尾市郊外の田舎家が点在する集落の一角。お客さんの家族は夫婦と2人の子供。大正時代より、施主の祖父の代から受け継いだ生家を解体し、新しい家族を田舎へ迎えるべく建てられた、木造2階建ての住宅です。 広い敷地の中には解体した生家とは別に、母親の住む純和風建築の「はなれ」と倉庫があります。 施主からの要望は、「敷地内にある和風建物・和風庭園と調和するようなモダンな住宅」「近所の人が気軽に敷地に入ってこられるように、しかし建物の中のプライバシーは守りたい」この2点でした。 コンクリートの壁に木梁現しの屋根を架けたガレージを和風庭園手前に配置。このガレージがフィルターとなり和風の印象を抑え、古いもの(和)と新しいもの(モダン)との調和を図りました。 この住宅は、(寝室・書斎)、(LDK等の生活空間)、(和室)の3つの棟を渡り廊下で結ぶ構成。 この渡り廊下はただ棟を繋ぐだけでなく、敷地内の「公」と「私」を作り出しています。 玄関・ガレージ・倉庫のある誰でも気軽に訪れることのできるエリアと、棟と棟の間に作られたプライベートな中庭とを、渡り廊下により明確に分けました。…

リビングを覗くバルコニー、光を階下に落とすインナーバルコニーのある住宅です。自転車の手入れやちょっとした作業のできる土間が東西にながれ,一日を通して光の移ろいを感じる明るい空間となっています。

リビングを覗くバルコニー、光を階下に落とすインナーバルコニーのある住宅です。自転車の手入れやちょっとした作業のできる土間が東西にながれ,一日を通して光の移ろいを感じる明るい空間となっています。 もっと見る

懐かしい露地をイメージした和モダンデザインの中庭。縦格子と植栽が外部の視線を上手に遮ります。|テラス|デザイン|ナチュラル|タイル|和モダン|インテリア|

ガーデンのギャラリー集。注文住宅の家造りの実績をご覧ください。

CASE 337 | アトリエのある家(奈良県橿原市) |ローコスト・低価格住宅 | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

CASE 337 | アトリエのある家 白い塗り壁と黒い金属サイディングを使いコントラストをつけたファサード。アトリエ・玄関・LDKが中庭を介してつながっており、光と植栽の緑をそれぞれの空間に注ぎ込みます。多趣味のご主人は、アトリエをご自分の作業場や作品を展示するギャラリーとして使用するため、天井を高くして南側からたくさんの光を取り入れて気持ちのいい空間になっています。 設計監理:フリーダムアーキテクツデザイン 施工場所:奈良県橿原市

古くて新しい土間空間。いろんなモルタル仕上げで使い方も色々楽しい土間11選 - ⒑ 寛ぎの空間 - http://iemo.jp/17338

『kinoto』では、土間を再評価し、 「インナーテラス」として、現代の住宅に取り入れてご提案しています。 「土間」と聞くと、日本の伝統的な農家の風景を 連想される方が多いかと思いますが、 『kinoto』が住宅設計に取り入れているのは、 懐古主義的な和風テイストのアレンジではなく、 土間が元来果たしていた役割や機能性です。 かつて、土間は家の外と中とをつなぐ中間の場でした。 また、収穫した作物の...


その他のアイデア
Pinterest
検索