リビングと一体のバルコニー

折角開放感のあるベランダなのに、どこか味気なくて洗濯物を干す以外に使い道がない…。そんな悩みを解決できるのがベランダリフォームです。使い勝手を良くするリフォームやオシャレ空間を演出するためのリフォームなど、様々な事例や費用をまとめました。

dwarf の クラシカルな 廊下&階段 H's HOUSE

玄関はどのように飾れば素敵に仕上がる?

dwarf の クラシカルな 廊下&階段 H's HOUSE もっと見る

都市に住む人にとっては、一軒家よりもマンションをリノベーションしたほうが、よっぽど広くて便利なおうちを手に入れ […]

ドラマに登場する「探偵事務所」のようなリノベマンション

都市に住む人にとっては、一軒家よりもマンションをリノベーションしたほうが、よっぽど広くて便利なおうちを手に入れ […] もっと見る

reason2 コストパフォーマンスの高さにご満足頂いています。

CASE 165 | sky life house(神奈川県横浜市) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン もっと見る

古いお家を現代の暮らしに合うように。また、新しさのなかにも古き良き物を…。古くから伝わってきた日本の良さを感じながら暮らしを楽しみたい方へ、お部屋を和モダンなインテリアにするためのテクニックや実例をご紹介します。

縁側のひだまりで猫が丸まっていたり、畳にざぶとんだったり、ほうきや古道具があったり。和風のお部屋はとても素敵ですが、日本家屋を少し現代風にリノベーションしたような、和モダンなインテリアもおしゃれですよね。玄関のペンダントライトがレトロだったり、ガラス戸だったり。おばあちゃんや両親から受け継いだ家具も、現代のモノと合わせ

奥のスペースには、フランスのエアボーン社やピエール・ガーリッシュのラウンジチェア、ジョージ・ネルソンのデイベッド。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

CASE 392 | 古材・木材を使用した木に包まれる家(愛知県清須市) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

CASE 392 | 古材・木材を使用した木に包まれる家(愛知県清須市) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン もっと見る

古材とステンレスがマッチした個性的なキッチン[デザインキッチン] - 静岡県浜松市でオーダーキッチンをお探しなら re*blanc

古材とステンレスがマッチした個性的なキッチン[デザインを重視したオーダーメイドキッチン][デザインキッチン] - 静岡県浜松市でオーダーキッチンをお探しなら re*blanc


その他のアイデア
Pinterest
検索