bathroom

Collection by 村上建築工房

19 
Pins

村上建築工房がつくった浴室のカタログです。

村上建築工房
rest room

masaki house_04

rest room

手洗い場とプリズムガラスの窓 Bathroom, Bathtub, House

Futtsu House

手洗い場とプリズムガラスの窓

heisaura_washstand Bathroom, Kitchen Cabinets, Decor, Kitchen, Home, Cabinet, Kitchen Island, Home Decor

村上建築工房:千葉県南房総市の工務店:食器から住宅 大規模建築まで わくわくする仕事がしたい この作業場でつくります

heisaura_washstand

heisaura_bath

村上建築工房:千葉県南房総市の工務店:食器から住宅 大規模建築まで わくわくする仕事がしたい この作業場でつくります

heisaura_bath

コンポストトイレ

村上建築工房:千葉県南房総市の工務店:食器から住宅 大規模建築まで わくわくする仕事がしたい この作業場でつくります

コンポストトイレ

kyonan_bath Bathroom, Bath, Bathtub

村上建築工房:千葉県南房総市の工務店:食器から住宅 大規模建築まで わくわくする仕事がしたい この作業場でつくります

kyonan_bath

wako_08 Flooring, Tile Floor, Bathroom, Bathtub

和光の家 | 村上建築工房

お寺の屋根や境内の裏山のつくる風景に融け込むような、瓦屋根、黒い横板張りの外観の家です。 坂を上がりきった玄関。玄関の左手が本堂。正面の中庭をはさんで、左手が家族が住む庫裏です。玄関までのアプローチとなる外構は、庭木と石の配置などに心を配りました。 背後に裏山の緑を背負い、中庭を囲むようにして建つ庫裏。 玄関を入ったところ。檀家さんとの接客もできる空間として作りました。 大家族で囲める掘りごたつのある茶の間とキッチン。必要な時には仕切れるように、格子の柄の入ったガラス窓を入れてあります。 茶の間に向けてオープンに配置したキッチン。茶の間で食べる家族への配膳を、最短距離でできます。 中庭に面した座敷。天井をスッキリと仕上げています。石灯籠のある庭園の向こうに、本堂が見えます。 タイルと木の壁で構成した浴室。 大家族の洗濯物を干したり、夕涼みしたりできるウッドデッキをこしらえました。 上棟の様子。 瓦屋根の下地となる板は、斜めに張り、耐力を確保することで、室内に合板を使わずに済むようにしました。 これから瓦を桟葺きしていきます。 一枚一枚の瓦を、桟に釘で止めつけていきます。…

shirahama_12 Bathroom Vanity, Bathroom, Vanity, Remodel, Bathroom Design, Double Vanity

白浜の家 | 村上建築工房

1階は左官仕上げ、2階は竪板張りです。1階の玄関には、数寄屋風の銅板屋根の庇をつけました。瓦屋根の棟の下に3本、大きな梁の木口が見えています。 海側から見ると、家の中央部分は瓦屋根が1階までおりてきています。この大きな屋根の下が、吹き抜けになっています。 1階。左手前がキッチン、向こうがダイニング。右手の吹き抜け下にあたる部分がリビングになります。 吹き抜けのリビング。桧の梁が二本通っているのが特徴です。三方に掃き出し窓があり、明るい空間になっています。 窓側から吹き抜けを見たところ。大屋根の下に、力強い木組みが見えるダイナミックで開放的な空間です。 1階のリビングの隣の和室。材料を吟味し、上品に仕上げました。 和室から縁側越しに庭を見たところ。座っていて庭がよく見えるように雪見障子にしました。 2階にあがりきったところ。天窓から採光をしています。 ベランダへと続く2階の個室。小屋裏の木組みが間近にダイナミックに見えます。 個室からベランダに出ると、太平洋が一望できます。 自然光のトップライトが降り注ぐ明るいお風呂。浴槽は桧?です。…

shirahama_11

白浜の家 | 村上建築工房

1階は左官仕上げ、2階は竪板張りです。1階の玄関には、数寄屋風の銅板屋根の庇をつけました。瓦屋根の棟の下に3本、大きな梁の木口が見えています。 海側から見ると、家の中央部分は瓦屋根が1階までおりてきています。この大きな屋根の下が、吹き抜けになっています。 1階。左手前がキッチン、向こうがダイニング。右手の吹き抜け下にあたる部分がリビングになります。 吹き抜けのリビング。桧の梁が二本通っているのが特徴です。三方に掃き出し窓があり、明るい空間になっています。 窓側から吹き抜けを見たところ。大屋根の下に、力強い木組みが見えるダイナミックで開放的な空間です。 1階のリビングの隣の和室。材料を吟味し、上品に仕上げました。 和室から縁側越しに庭を見たところ。座っていて庭がよく見えるように雪見障子にしました。 2階にあがりきったところ。天窓から採光をしています。 ベランダへと続く2階の個室。小屋裏の木組みが間近にダイナミックに見えます。 個室からベランダに出ると、太平洋が一望できます。 自然光のトップライトが降り注ぐ明るいお風呂。浴槽は桧?です。…

komae_04

狛江の家 | 村上建築工房

貫工法による本格的な木組み、土壁漆喰仕上げ、瓦葺きと、今どき東京ではめずらしいような家です。さまざまな職人とのつながりをもっている施主が、自宅を作るにあたって、最高の職人たちを招き、混成チームでの仕事となりました。 土壁は京都の山本工業所さん。このように貫と柱との間を竹で格子状に編んだ「竹小舞」が土を塗る下地となります。 瓦は小柴屋根工事店さん。こだわりの仕事で美しく屋根を葺いてくださいました。「数寄屋みたいな軽いすっきりしたものじゃなくて どっしりと重たい家がいい」という屋根屋さんの判断で、設計時より棟瓦を一段積み増ししました。 これは、安藤タイルさんが一枚一枚タイルを貼ってつくりあげた、世界にたったひとつの、すばらしい造作風呂。 設計は、村上建築工房出身の「建築集団 海賊」が設計監理を担当しました。板の間のリビングです。 昼の自然光だと、土壁の色はこんな感じです。 土、木、鉄を組み合わせたシンプルな階段。鉄は、榊和成さんによるものです。 階段をのぼりきったところから、ふり返ったところ。土壁の質感が見える照明です。 2階の個室。天井は張らず、小屋組がそのまま見えています。

tateyama_06

館山の家の離れ | 村上建築工房

裏山に続く庭の眺めのいいところに、平屋の離れをつくりました。 和室の南西に濡れ縁がまわり、数寄屋風の銅板屋根のある庇がついています。障子やガラス戸を戸袋に引き込めば、このように庭と一体になった空間を楽しむことができます。 障子を閉めるとこんな感じになります。瓦屋根、銅製の庇、杉丸太の桁や棟木、古材を使った戸袋がついた、小さいながらも瀟洒な家です。 民家らしい感じを出した木組みの梁と、鮒底天井や床の間の数寄屋風とを、バランスよく織り交ぜました。 和室から見た濡れ縁の隅の風景。縁側がないので外との一体感があり、開放的な感じです。 北東の角にある風呂場。裏山の緑を眺めながらゆったりとお風呂に浸かることができます。 上棟前に、作業場で和室天井部分の仮組をしてみました。 上棟して屋根がかかったところ。シンプルで明快な木組みです。 屋根に瓦が載りました。新築ながらも、里山の風景に融け込んでいます。

kamakura_07 Home, Home Appliances, Stacked Washer Dryer, Washer And Dryer, Washing Machine

鎌倉の家 | 村上建築工房

塗装した木のベランダともなじむ、あたたかみのあるオレンジ色の外観の家です。ベランダの下がそのままカーポートになっています。 玄関からリビングダイニングへと上がる階段。二階から陽が燦々と降り注いできています。 大きなガラス窓で木製のバルコニーにつながるリビング。片流れの屋根で、天井の高いところには丸窓もついていて、開放的な感じです。 壁には天然木の厚板の天板を据えたカップボードを造り付けました。テレビを採寸してつくったので、スッキリとおさまっています。右奥はダイニング、キッチンへとつながっています。 大工のつくった厚板のダイニングテーブル。軽やかな感じにしあげました。間仕切りと飾り棚を兼ねた格子の向こうは、キッチン。家具や収納を後からもちこむのでなく、大工がつくることで、素材やデザインに一このような統一感や連続性をもたせることができます。 1階の風呂場と脱衣所。 洗面台や棚類も、大工がつくったものです。

kamakura_06 Decor, Ironing Center, Furniture, Home, Storage, Cabinet, Home Decor

鎌倉の家 | 村上建築工房

塗装した木のベランダともなじむ、あたたかみのあるオレンジ色の外観の家です。ベランダの下がそのままカーポートになっています。 玄関からリビングダイニングへと上がる階段。二階から陽が燦々と降り注いできています。 大きなガラス窓で木製のバルコニーにつながるリビング。片流れの屋根で、天井の高いところには丸窓もついていて、開放的な感じです。 壁には天然木の厚板の天板を据えたカップボードを造り付けました。テレビを採寸してつくったので、スッキリとおさまっています。右奥はダイニング、キッチンへとつながっています。 大工のつくった厚板のダイニングテーブル。軽やかな感じにしあげました。間仕切りと飾り棚を兼ねた格子の向こうは、キッチン。家具や収納を後からもちこむのでなく、大工がつくることで、素材やデザインに一このような統一感や連続性をもたせることができます。 1階の風呂場と脱衣所。 洗面台や棚類も、大工がつくったものです。

10月 « 2013 « 村上建築工房 Corner Bathtub, Bathroom, Bathtub

10月, 2013:村上建築工房:千葉県南房総市で注文住宅やリフォームをしている工務店です。設計士や住まい手と共により良い住まいをつくり続けています。

11月 « 2013 « 村上建築工房 Bathroom

11月, 2013:村上建築工房:千葉県南房総市で注文住宅やリフォームをしている工務店です。設計士や住まい手と共により良い住まいをつくり続けています。