.

Photograph courtesy NASA/ESA/Hubble Heritage Team (STScI/AURA) 2002年の初頭に赤色超巨星のV838 Monが、数週間にわたって突然その輝きを増した。この現象を観測した結果、V...

マンハッタン、スーパームーン2012

スーパームーン2012(マンハッタン): - Photograph by Gary Hershorn ニューヨークの西約20キロ、ニュージャージー州ウェストオレンジから撮影した摩天楼(5月6日) マンハッタンの夜空に浮かぶ満月は、まるで巨大なオレンジのようだ。 地平線近くの月は赤く見えることが多い。光が大気を長く通過するため、散乱しやすい青い光が減り、赤い光だけが届くためだ。

Image courtesy NASA

太陽系の全惑星を月面上から望む 宇宙探査機ボイジャーが撮影した写真から作成したこの合成写真では、8つの惑星と木星の4つの衛星が月の地平線上、ばら星雲を背景にして不規則に並べられている。このシミュレーション写真にある惑星と衛星のほかに、私たちの太陽系には恒星、小惑星、彗星、そして例えば冥王星のような準惑星がある。

Photograph courtesy NASA/JPL-Caltech

花火のように輝く車輪銀河紫外線観測衛星GALEX(Galaxy Evolution Explorer)、ハッブル宇宙望遠鏡、スピッツァー宇宙望遠鏡、チャンドラX線観測衛星の4つの宇宙望遠鏡で撮影した画像を合成Photograph courtesy NASA/JPL-Caltech

Image courtesy NASA

ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JP

Space

Google 画像検索結果: http://www.gakunavi.info/wordpress/wp-content/themes/wpVicuna-utf8/wp.vicuna/style-ninja/images/thumbnail/notis.jpg

Photograph courtesy NASA, ESA, and the Hubble Heritage Team (STScI/AURA)

ハッブル宇宙望遠鏡は、25年間にわたって宇宙の画像を送り続け、人々を魅了してきました。そのなかから、専門家が厳選した画像など本誌未掲載もあわせた50の傑作画像を順次紹介していきます!

宇宙論

ILC PROJECT[国際リニアコライダー計画]のサイトです。 ダークマター、ダークエネルギー、余剰次元・・・ILCで挑戦する、数々の宇宙の謎をご紹介します。

Photograph courtesy NASA/Hubble Heritage Team (STScI/AURA)

宇宙には我々以外に生命体はいないと考えるのは極めて非現実的である。NASA (アメリカ航空宇宙局) の専門たちはこのように述べており、宇宙人を発見する日もそう遠くはないようだ。実際に、20年もすれば発見されるかもしれない。


その他のアイデア
Pinterest
検索