from 金沢(岩本) – 4 - 田中聡美デザインからみる金沢。 | ダカーポ – The Crossmedia-Magazine

from 金沢(岩本) – 4 - 田中聡美デザインからみる金沢。

何度も言うようですけど金沢はとても住みやすい街です。安くておいしいものもいっぱいある。家賃も安く、美術館や映画館その他文化施設にも恵まれている。ものを作る人が住むのに向いているのではないかと思う。 ただ、写真やデザインを生業とする人が少ないなあとはつねづね思っていました。おもしろい仕事は少ないだろうから、東京などに出て行きがちなのはしょうがない、けれど、もったいない。よいものやよい企みがあっても、それをもっともよい形で見せる、デザインや写真の力があったら…と思うこともしばしばでした。 そんなとき、約4年つとめた大手広告代理店を退社し、金沢に住み始めたグラフィックデザイナーがいるときいて、とてもうれしく思ったものでした。その人が田中聡美さん。能登で生まれ育ち→金沢美大を卒業→就職で東京へ→フランスに1年間滞在→そして金沢へ、という経歴。待ってました!とばかりに、何かあるとは仕事をお願いするようになりました。 いちばん初めはアートイベント「another movement」のときだったかな。それから、何度も開催している「乙女の金沢展」、金沢21世紀美術館の「金沢アートプラットホーム」や「町

Japanese logo // logo

かわいい、たのしい、やさしい。こどもからおばあちゃんまでつかえる天然で優しいリネンウォーターです。木屑になった新潟の木材を活用し、障がい者就労支援施設がつくりました。

This kind of Flickr set never gets old: Vintage Japanese ads.

大正~昭和時代初期にかけて作られた日本のいろいろなポスターや雑誌・本の表紙の紹介です。現在でも斬新に感じる作品や、とてもノスタルジックなものまで50作品とたっぷり紹介していますので、お気に入りの一品...

Pinterest
検索