ノ( º _ ºノ)

10 Attics That Prove You Are Wasting An Entire Room In Your Home

ノ( º _ ºノ)

土間

大正から昭和初期の建具や建材に、住まいの装いという役割を与えることで、長く続く歴史を次の世代に循環させるお住まい。2011年度グッドデザイン賞受賞。

土間と薪ストーブ

土間と薪ストーブ

*・゜゚・* skeptxc *・゜゚・*

*・゜゚・* skeptxc *・゜゚・*

Outdoor fireplace

Outdoor fireplace

K60 by François Royen

K60 by François Royen

葉っぱを活ける「リーフアレンジメント」の紹介。容器のアレコレや、活ける葉っぱや植物について紹介しています。

ナイロビ-ザンジバル(プレシジョン航空)ザンジバル-ダルエスサラーム(プレシジョン航空)-ドバイ-関空(エミレーツ航空)THE ROCK RESTAURANTへも行きました♪ステキな場所です!!

ザンジバルへ!!! (ザンジバル) - 旅行のクチコミサイト フォートラベル

ナイロビ-ザンジバル(プレシジョン航空)ザンジバル-ダルエスサラーム(プレシジョン航空)-ドバイ-関空(エミレーツ航空)THE ROCK RESTAURANTへも行きました♪ステキな場所です!!

Japanese old wooden house in Edo-Tokyo Open Air Architectural Museum 小金井市 江戸東京たてもの園

Japanese old wooden house in Edo-Tokyo Open Air Architectural Museum 小金井市 江戸東京たてもの園

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。 「子ど

Pinterest
検索