(1) いつか役に立ちそうな画像(@yakudachi_img)さん | Twitter

Yahoo! JAPANのメールサービス。大容量のメールボックスや、迷惑メール対策機能を用意。パソコンやスマートフォン、携帯電話でも便利に使えるヤフーメール(無料)です。

「まさにコレ…!」小児科に掲示してあった『声かけ変換表』に大事なことが詰まっていた(画像) | COROBUZZ

「まさにコレ…!」小児科に掲示してあった『声かけ変換表』に大事なことが詰まっていた(画像) | COROBUZZ もっと見る

fig_gtd.gif

GTDを本やウェブで学び、いざ始めようとして最初に引っかかることは「どのツールを使うか?」というもの。本当は手帳ひとつでできるくらいシンプルな手法なのですが、なぜか複雑なアプリを使わないとダメと思ってしまう人もいます。今日はEvernoteを使い、極めて最低限のGTD=「ミニマムGTD」を実現するためのステップをご紹介

名言

性格は顔に出る 生活は体型に出る 本音は仕草に出る 感情は声に出る センスは服に出る 美意識は爪に出る 清潔感は髪に出る 落ち着きのなさは足に出る

ひ孫、玄孫など知っておくと便利かもしれない家系図

ひ孫、玄孫など知っておくと便利かもしれない家系図

親族語彙(親族の呼び方)を網羅した一覧表が非常にわかりやすく網羅された図表を「大辞林の特別ページ」が公開しています。 親戚の呼び方、いとこの子供の呼び方、いとこの旦那さんの呼び方まで、わかりやすく1枚の図にまとまっています。 親族を紹介するとき、親戚で集まったときなんかには重宝しそうな情報です。 親族

static.curazy.com wp-content uploads 2016 09 0834259_b45af1_8378f466c7cc47f6853e8051bc1fe28f.jpg

先日、とある保育園に取材へ行ったときのこと。「私たちは禁止語・命令語を使いません」と園長先生。禁止語・命令語は、それが「なぜ」ダメなのか、どうすればいいのか、伝わりにくいため、できるだけ別の言葉に置き換えて伝えることが大切なのだそうです。 そんなときに、インターネットで発達障害の子ども向けの「声かけ

#見えているようでいて見えていないもの by A5AA5A | ShortNote(ショートノート)

漢字の「裏」の中に「表」が隠れているというか、そのままそこにあるということを、先程、とある漫画を読んで初めて知りました。 「表」と「裏」は、セット・単体ともに何度となく目にしてきた筈なのですが、...

アイデアを生む天才と凡人の紙一重な差

馬鹿と天才は紙一重って言葉があるけど、この天才ゾーン読むと、確かにって思えちゃう(笑) 一歩間違えたら馬鹿になっちゃうからちゃんと実行することが大事なんでしょうね!

数々の歴史に残る製品を産み出してきたApple。それにまつわるスティーブ・ジョブスの名言や開発秘話・エピソード等をまとめたインフォグラフィッ...

「SEO Japan」は2002年設立のSEO会社アイオイクスが運営する海外の最新SEO対策情報ブログです。 海外の著名SEO情報サイトと提携し、最新記事・注目記事を日本語に翻訳してお届けしています。 また定期的にSEO関連の海外イベントに参加しレポートを配信しています。

「孫子の兵法」の子ども向け現代語訳がヒット! 子ども向けの論語の本が、9年前に静かなブームとなったのを覚えているでしょうか? 明治書院から刊行された「こども論語塾」シリーズがその火付け役と言われており、同シリーズは累計売上が30万部を超えるヒットとなりました。 そして今、古典の子ども向け現代語訳に新しい波が到来しています。 中でも『こども孫子の兵法』は、2016年3月の刊行から売上を伸ばして10万部を突破し、続編『こども菜根譚』も4万部と人気。明治大学文学部教授で『声に出して読みたい日本語』などでも知られる齋藤孝さんが、監修を務めています。 「孫子の兵法」といえば兵法書の古典であり、ビジネス書でもよく扱われる題材。松下幸之助やビル・ゲイツ、古くは武田信玄の愛読書としても知られています。 しかし内容は、敵との戦い方を説いたもの。これを子ども向けに「超訳」したのはなぜなのでしょうか? 今回は『こども孫子の兵法』『こども菜根譚』の発売元である日本図書センターのお二人に、お話を伺いました。 今回ご協力いただいた方 (左から) 日本図書センター 営業企画部 課長 杉本充孝さん 同...

「孫子の兵法」の子ども向け現代語訳がヒット! 子ども向けの論語の本が、9年前に静かなブームとなったのを覚えているでしょうか? 明治書院から刊行された「こども論語塾」シリーズがその火付け役と言われており、同シリーズは累計売上が30万部を超えるヒットとなりました。 そして今、古典の子ども向け現代語訳に新しい波が到来しています。 中でも『こども孫子の兵法』は、2016年3月の刊行から売上を伸ばして10万部を突破し、続編『こども菜根譚』も4万部と人気。明治大学文学部教授で『声に出して読みたい日本語』などでも知られる齋藤孝さんが、監修を務めています。 「孫子の兵法」といえば兵法書の古典であり、ビジネス書でもよく扱われる題材。松下幸之助やビル・ゲイツ、古くは武田信玄の愛読書としても知られています。 しかし内容は、敵との戦い方を説いたもの。これを子ども向けに「超訳」したのはなぜなのでしょうか? 今回は『こども孫子の兵法』『こども菜根譚』の発売元である日本図書センターのお二人に、お話を伺いました。 今回ご協力いただいた方 (左から) 日本図書センター 営業企画部 課長 杉本充孝さん…


その他のアイデア
Pinterest
検索