ガーデニングというと敷居が高そうなイメージがありませんか?でも、ベランダガーデニングなら初心者の方も1鉢から始めることができ、意外と簡単☆今回は、ガーデニングを始めるのあたって注意したいポイントや、ベランダで育てやすい植物(ハーブ、葉物野菜、多肉植物など)、室外機のエアコンカバーやベランダ床のアレンジ、すのこプランター

In a small area of atrium can also grow a beautiful Japanese Garden. /Aj v malom priestore átria môže vyrásť krásna japonská záhrada./

Sumally (サマリー) は、この世界に存在するすべてのモノの"百科事典"の作成を目指しています。あなたの好きなプロダクトをサマリーで世界に発信し、モノ百科事典を作りましょう。 / Sumally is an online encyclopedia of treasured objects. Sumally's growing community of users can keep track of who owns what, and who wants what.

桂坂の家|HouseNote(ハウスノート)

間工作舎/一級建築士事務所の投稿記事:「自然を捉え、自然を感じる癒しの家」です。遠くに山々を望む、京都郊外の家。 敷地は、緑豊かな公園に対して扇形に広がっている。 建て主は、豊かな自然の風景を暮らしに取り込むこと、また、ご夫婦とお子様家族3人で立てるキッチンなどを希望した。 建物は公園の景色を生かし、扇形の敷地に沿うように配置。 1階LDKの正面には公園の自然が広がる。 リビング・ダイニング・キッチンを行き来すると、木立を散策しているかのような感覚になる。 LDKの中心には、存在感のあるアイランドキッチンを据えた。 一部を家のラインに合わせるように大きく張り出させたことで広々とした作業スペースをつくり、家族みんなで料理を楽しめるとともに、空間にも馴染んでいる。 吹き抜けのリビングからは立ち並ぶ木々や空といった大らかな自然、2階のバスルームから夕焼けや遠くの山並みが見え、住まいのどこに居ても豊かな自然が目に入る。 住まいには杉の柱やカラ松の床、珪藻土といった自然素材をふんだんに使用し、外の自然と内部の自然素材が調和。 自然の温もりを目で、肌で愉しむ、心地良い住まいが完成した。

小池 高弘さん 小川 奈緒さん 『ゆったりと家族がつながる、縁側のある暮らし』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-

古民家をリノベーションして住む方が増えています。新築より安いだけではない「古民家」の魅力についてお伝えしたいと思います。 飴色になった柱、木枠の扉、すりガラス・・・そこには長い間誰かが住んでいて、色々な生活スタイルがあり建てられたもので、今からおよそ50年~80年前後に建てられた日本家屋。昔の建物にはよくいい木が使われている事があり、リノベーションして住む場合でも多くの木材を部分を残してリノベーションされる事が多いです。 そんなぬくもりを感じさせてくれる古民家リノベーションを集めました。

Japanese house

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

土間

天井灯, 形状, 天井

「BOHO(ボーホー)」というインテリアのスタイルがあります。 「ボヘミアン」+「ソーホー」のことで、ジプシーの生活のように、 自由気ままなで民族的なインテリアスタイルのことなんです。 どんな感じなのか、具体的に見てみましょう!

「BOHO(ボーホー)」というインテリアのスタイルがあります。 「ボヘミアン」+「ソーホー」のことで、ジプシーの生活のように、 自由気ままなで民族的なインテリアスタイルのことなんです。 どんな感じなのか、具体的に見てみましょう! もっと見る

Pinterest
検索