fa sol

fa sol

fa-sol.goodsie.co.jp
仙台市 / ヨーロッパの過去の服・ヴィンテージの写真集・大人に見て欲しい絵本など、ジャンルに捕われず、価値がある物をセレクトしていきます
fa sol
More ideas from fa sol
著者:唐十郎  煉夢術――白夜の修辞学或いは難破船の舵をどうするか (戯曲) 愛の乞食 (戯曲)  光と闇を駆け抜ける (土方巽との対話)  あたし (短篇小説三部作)   雨のふくらはぎ   銭湯夫人   チヨコ

著者:唐十郎 煉夢術――白夜の修辞学或いは難破船の舵をどうするか (戯曲) 愛の乞食 (戯曲) 光と闇を駆け抜ける (土方巽との対話) あたし (短篇小説三部作) 雨のふくらはぎ 銭湯夫人 チヨコ

『禁酒時代 男性自身シリーズ第18巻』  今を去る二十年前、週刊新潮に《男性自身》を書き始めた頃は、斗酒なお辞せずの山口さんだった。 今を去る十年前、辛口エセー「酒呑みの自己弁護」で、やんやの喝采を浴びた山口さんだった。 その山口さんが ― 、もう一年もの間、禁酒中である、いったい、何が起ったのか……。 壮図空しく、序盤戦で投了のやむなきに至った、「将棋おちこぼれ教室」(『新潮45+』連載)をも収録し、哀しい事情の一部始終を報告する。 (帯文より)

『禁酒時代 男性自身シリーズ第18巻』 今を去る二十年前、週刊新潮に《男性自身》を書き始めた頃は、斗酒なお辞せずの山口さんだった。 今を去る十年前、辛口エセー「酒呑みの自己弁護」で、やんやの喝采を浴びた山口さんだった。 その山口さんが ― 、もう一年もの間、禁酒中である、いったい、何が起ったのか……。 壮図空しく、序盤戦で投了のやむなきに至った、「将棋おちこぼれ教室」(『新潮45+』連載)をも収録し、哀しい事情の一部始終を報告する。 (帯文より)

『狂気の文学 作家は精神異常をいかに表現したか』  著者:ホルスト・ガイヤー

『狂気の文学 作家は精神異常をいかに表現したか』 著者:ホルスト・ガイヤー

『異文化を「知る」ための方法』  異文化に関心があるものの、その方法がわからないという人たちのために、様々な分野の研究者たちが事例研究のなかで触れた異文化体験を紹介し、その方法を体感してもらう事を目指して編集されています。

『異文化を「知る」ための方法』 異文化に関心があるものの、その方法がわからないという人たちのために、様々な分野の研究者たちが事例研究のなかで触れた異文化体験を紹介し、その方法を体感してもらう事を目指して編集されています。

『無遠慮な文化誌』  著者はイギリスBBC放送の台本作家でしかもキャスタ-として有名な人物。たいへんな博識な文明評論家でもある。そのミュ-アが古今東西の文献を渉猟しながら文学、芸術から飲食、教育などさまざまな領域についてのこされた名言を集大成した本になります。  名言といっても、ここにあつめられているのは風刺と反語にみちたものばかり。社会と文化をいささかひねくれた観点からながめたことばが書きつらねられている。  世界をこのように批判的にしかも軽快なシニシズムでながめていた人物がこんなにたくさんいた、というのも教訓的だし、それを丹念にあつめて注釈をつけた著者はただものでないです。

『無遠慮な文化誌』 著者はイギリスBBC放送の台本作家でしかもキャスタ-として有名な人物。たいへんな博識な文明評論家でもある。そのミュ-アが古今東西の文献を渉猟しながら文学、芸術から飲食、教育などさまざまな領域についてのこされた名言を集大成した本になります。 名言といっても、ここにあつめられているのは風刺と反語にみちたものばかり。社会と文化をいささかひねくれた観点からながめたことばが書きつらねられている。 世界をこのように批判的にしかも軽快なシニシズムでながめていた人物がこんなにたくさんいた、というのも教訓的だし、それを丹念にあつめて注釈をつけた著者はただものでないです。

『風流たべもの誌』  江戸の食べ物に関する話を歳時記風に取りまとめております。初めて西洋の食物に接した幕末・明治の日本人の驚きの有様を面白く描いた「舶来あまから考」および「たべもの文明開化」など。

『風流たべもの誌』 江戸の食べ物に関する話を歳時記風に取りまとめております。初めて西洋の食物に接した幕末・明治の日本人の驚きの有様を面白く描いた「舶来あまから考」および「たべもの文明開化」など。

ワインの文化史』  全てのワイン好きの方にお薦めしたい良書 筆者であるリヨン第2大学(現代史)名誉教授のジルベール・ガリエ氏とワインを片手に語り合うように進んで行く文章は写真や挿絵がないにも拘らず読み易く、2000年以上の歳月をかけて如何にしてフランス国内(およびヨーロッパ各国)にワインが定着しワイン文化が花開いて行ったかを史実や資料などを交えて検証する充実した内容の良書です。  フランス文化の神髄を流れる熱き血を、饒舌に、酒脱に語るワインの歴史と文化の集大成といえます。

ワインの文化史』 全てのワイン好きの方にお薦めしたい良書 筆者であるリヨン第2大学(現代史)名誉教授のジルベール・ガリエ氏とワインを片手に語り合うように進んで行く文章は写真や挿絵がないにも拘らず読み易く、2000年以上の歳月をかけて如何にしてフランス国内(およびヨーロッパ各国)にワインが定着しワイン文化が花開いて行ったかを史実や資料などを交えて検証する充実した内容の良書です。 フランス文化の神髄を流れる熱き血を、饒舌に、酒脱に語るワインの歴史と文化の集大成といえます。

『奇天烈食道楽』  鮨ネタの栄枯盛衰とは? タラコと明太子のあいだとは? 「食通」と呼ばれるのを嫌う著者が、様々な料理や食材から記憶を辿り、とっておきのエピソードと蘊蓄で綴る痛快な食べ物エッセイ!

『奇天烈食道楽』 鮨ネタの栄枯盛衰とは? タラコと明太子のあいだとは? 「食通」と呼ばれるのを嫌う著者が、様々な料理や食材から記憶を辿り、とっておきのエピソードと蘊蓄で綴る痛快な食べ物エッセイ!

『詩人の食卓』    詩人高橋睦郎の七月から六月までの一年間、月一回の献立、それに添えられるお酒、さらに使用された器、それらにまつわるエッセーという形で書かれています。食材、料理はうつくしく季節を語っている。またそれに関わった親族や友人とのエピソードなども書かれています。さらに「あとがき」に代えて、民族や宗教による「食物禁忌」に触れており、知識の豊かさに驚かされる内容になります。

『詩人の食卓』 詩人高橋睦郎の七月から六月までの一年間、月一回の献立、それに添えられるお酒、さらに使用された器、それらにまつわるエッセーという形で書かれています。食材、料理はうつくしく季節を語っている。またそれに関わった親族や友人とのエピソードなども書かれています。さらに「あとがき」に代えて、民族や宗教による「食物禁忌」に触れており、知識の豊かさに驚かされる内容になります。

『洋酒天国47』  洗練されたユーモアーとたっぷりの遊び心、稲垣足穂、春山行夫、田村隆一、薩摩治郎八、遠藤周作、吉行淳之介、亀倉雄策、河野鷹思などの豪華な執筆陣で彩られた紙面は、今読んでもその魅力に酔っぱらうこと間違いなしの、格好良さがあります  こちらの表紙でも、柳原さんが描く酒好きおじさまが美味しそうに葡萄酒を飲んでます。マヴォで知られる演出家・村山知義氏の「新劇酒飲み銘々伝」、北杜夫氏の「ぶどう酒のことなど」、日影丈吉氏の「樽」、春山行夫氏の「酒飲みの文化史」などなど。「洋天ジョークス」「洋天スコープ」もお見逃しなく。

『洋酒天国47』 洗練されたユーモアーとたっぷりの遊び心、稲垣足穂、春山行夫、田村隆一、薩摩治郎八、遠藤周作、吉行淳之介、亀倉雄策、河野鷹思などの豪華な執筆陣で彩られた紙面は、今読んでもその魅力に酔っぱらうこと間違いなしの、格好良さがあります こちらの表紙でも、柳原さんが描く酒好きおじさまが美味しそうに葡萄酒を飲んでます。マヴォで知られる演出家・村山知義氏の「新劇酒飲み銘々伝」、北杜夫氏の「ぶどう酒のことなど」、日影丈吉氏の「樽」、春山行夫氏の「酒飲みの文化史」などなど。「洋天ジョークス」「洋天スコープ」もお見逃しなく。

『洋酒天国44』  表紙の奇妙奇天烈な男性陣は「うたって踊る男性四重唱団・四人のパリの伊達男」!いい雰囲気の表紙です。掲載記事は、団伊玖磨「私のえらんだサケ」、都筑道夫「洋酒天国世界名作全集」など。

『洋酒天国44』 表紙の奇妙奇天烈な男性陣は「うたって踊る男性四重唱団・四人のパリの伊達男」!いい雰囲気の表紙です。掲載記事は、団伊玖磨「私のえらんだサケ」、都筑道夫「洋酒天国世界名作全集」など。

『洋酒天国42』  『洋酒天国』42号!本号には、漫画家・長新太さんの一コマ漫画が載ってます。初期のカクカクっとした線でお題は「かわいそうな女たち」。また、十返肇が司会を務めて女性がお酒について話す座談会「女ざむらい酔中談」、左幸子「わたしのダンナさま」、ドクトルチエコ「女は酒にヨワイ?」、小森和子「映画と酒」なんて頁も。表紙モデルはフランキー堺。

『洋酒天国42』 『洋酒天国』42号!本号には、漫画家・長新太さんの一コマ漫画が載ってます。初期のカクカクっとした線でお題は「かわいそうな女たち」。また、十返肇が司会を務めて女性がお酒について話す座談会「女ざむらい酔中談」、左幸子「わたしのダンナさま」、ドクトルチエコ「女は酒にヨワイ?」、小森和子「映画と酒」なんて頁も。表紙モデルはフランキー堺。

『洋酒天国34』  谷譲次氏の小説「黄色いメフィストフェレス」、安岡章太郎氏の飲みっぷりを写した「酔って件のごとし」、埴谷雄高氏の「酔っぱらい戦後派」などなど。途中、柳原さんのイラストがカラーで載ってたりもします。

『洋酒天国34』 谷譲次氏の小説「黄色いメフィストフェレス」、安岡章太郎氏の飲みっぷりを写した「酔って件のごとし」、埴谷雄高氏の「酔っぱらい戦後派」などなど。途中、柳原さんのイラストがカラーで載ってたりもします。

『洋酒天国32』  ページをめくったすぐ後、見開き1pを使って大きく書かれた柳原さんの船のイラスト。そして、横には牧逸馬(林不忘・谷譲次)の「運命のSOS」中の文が添えられた『洋天31号』。恋に悩み酒をあおる武田泰淳氏が登場する埴谷さんの「酔っぱらい戦後派」、サローヤンの短編「冬の葡萄園労務者たち」、お色気たっぷりの折込グラビア「ヨーテンスコープ」、バロン・サツマの「洋酒カレンダー」などが並びます。

『洋酒天国32』 ページをめくったすぐ後、見開き1pを使って大きく書かれた柳原さんの船のイラスト。そして、横には牧逸馬(林不忘・谷譲次)の「運命のSOS」中の文が添えられた『洋天31号』。恋に悩み酒をあおる武田泰淳氏が登場する埴谷さんの「酔っぱらい戦後派」、サローヤンの短編「冬の葡萄園労務者たち」、お色気たっぷりの折込グラビア「ヨーテンスコープ」、バロン・サツマの「洋酒カレンダー」などが並びます。

『洋酒天国31』  ページをめくったすぐ後、見開き1pを使って大きく書かれた柳原さんの船のイラスト。そして、横には牧逸馬(林不忘・谷譲次)の「運命のSOS」中の文が添えられた『洋天31号』。恋に悩み酒をあおる武田泰淳氏が登場する埴谷さんの「酔っぱらい戦後派」、サローヤンの短編「冬の葡萄園労務者たち」、お色気たっぷりの折込グラビア「ヨーテンスコープ」、バロン・サツマの「洋酒カレンダー」などが並びます。

『洋酒天国31』 ページをめくったすぐ後、見開き1pを使って大きく書かれた柳原さんの船のイラスト。そして、横には牧逸馬(林不忘・谷譲次)の「運命のSOS」中の文が添えられた『洋天31号』。恋に悩み酒をあおる武田泰淳氏が登場する埴谷さんの「酔っぱらい戦後派」、サローヤンの短編「冬の葡萄園労務者たち」、お色気たっぷりの折込グラビア「ヨーテンスコープ」、バロン・サツマの「洋酒カレンダー」などが並びます。

『アンソロジー 洋酒天国2 傑作エッセイ・コントの巻 サントリー博物館文庫9』  サントリーの前身”洋酒の壽屋”のPR誌として、昭和31年に創刊された『洋酒天国』の昔日を濃縮してお色直しされた、全3巻の内の1冊。  吉田健一をはじめ、獅子文六、安岡章太郎、犬養道子、北杜夫、田村隆一、稲垣足穂、高橋義孝、伊丹一三(十三)、吉行淳之介など豪華執筆群たちが、「夜の岩波文庫」と言われた酒・笑い・ペーソス満載の珠玉アンソロジー。サントリー博物館文庫として発行された、新書よりちょっと大きめサイズの本。中に柳原良平や佐々木侃司の挿し絵がたくさんあります。

『アンソロジー 洋酒天国2 傑作エッセイ・コントの巻 サントリー博物館文庫9』 サントリーの前身”洋酒の壽屋”のPR誌として、昭和31年に創刊された『洋酒天国』の昔日を濃縮してお色直しされた、全3巻の内の1冊。 吉田健一をはじめ、獅子文六、安岡章太郎、犬養道子、北杜夫、田村隆一、稲垣足穂、高橋義孝、伊丹一三(十三)、吉行淳之介など豪華執筆群たちが、「夜の岩波文庫」と言われた酒・笑い・ペーソス満載の珠玉アンソロジー。サントリー博物館文庫として発行された、新書よりちょっと大きめサイズの本。中に柳原良平や佐々木侃司の挿し絵がたくさんあります。