僕の書斎スペース、これで十分です。と言うか、この一角、素敵過ぎ。 自宅階段踊り場の仕事場 (by H & A)

僕の書斎スペース、これで十分です。と言うか、この一角、素敵過ぎ。 自宅階段踊り場の仕事場 (by H & A) もっと見る

クローゼットを書斎に

Janet Perry: Walk-in Closet to Home Office

4.5畳の部屋、使いこなせていますか?物置や洗濯物を干すスペースになっているのをよく見ますが、それはとてももったいないです。4.5畳は確かに狭いけれど、アイデア次第で幾通りもの使い方が可能ですね。4.5畳の部屋のレイアウト事例をみてみましょう。 もっと見る

キッチンの手の届く範囲と収納

キッチンの手の届く範囲と収納 もっと見る

ヘリンボーンの壁材 …

ヘリンボーンの壁材 … もっと見る

ヘリンボーンの壁材 …

ヘリンボーンの壁材 … もっと見る

【新築一戸建て】電気設計/配線~コンセント 確認ポイントと失敗/成功例

※2015年8月12日公開 2016年12月07日更新こんにちは、KMRRです。注文住宅で新築される方のお悩みポイントの一つと数えられることが多い電気配線ですが、失敗/成功談の”あるある”をまとめてみました。今回はコンセント編です。スイッチ

余分なスペースはない、空間を上手に利用しなくていけない。 そんなお部屋では、家具の配置に頭を悩ませることもある […]

そっか、使わないときは壁にパタンすればいいんだ

余分なスペースはない、空間を上手に利用しなくていけない。 そんなお部屋では、家具の配置に頭を悩ませることもある […] もっと見る


その他のアイデア
wood on the ceiling matches the floor, making the move to the edges of the space to give a feeling of spaciousness.

落ち着くトイレ空間(『TN-house』チョコレートケーキの家)- トイレ/バス事例|SUVACO(スバコ) もっと見る

Good Design Awards 2012 | Igawa house renovation | Spoon & Tamago

Good Design Awards 2012

グッドデザイン賞の仕組みや、過去のすべての受賞対象が検索できる「グッドデザインファインダー」など、グッドデザイン賞に関する情報をご紹介するサイトです。毎年1回(4~6月頃)募集する、グッドデザイン賞への応募もこのサイトから行うことができます。

Renovation of a 54 years old building. Cedar board floor. A Pierre Galicish chair at the end of the long hallway. The blue color shines in this Mid-Century Japanese space.

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。 「子ど

Japanese influenced home and garden

古民家をリノベーションして住む方が増えています。新築より安いだけではない「古民家」の魅力についてお伝えしたいと思います。 飴色になった柱、木枠の扉、すりガラス・・・そこには長い間誰かが住んでいて、色々な生活スタイルがあり建てられたもので、今からおよそ50年~80年前後に建てられた日本家屋。昔の建物にはよくいい木が使われている事があり、リノベーションして住む場合でも多くの木材を部分を残してリノベーションされる事が多いです。 そんなぬくもりを感じさせてくれる古民家リノベーションを集めました。

旗竿敷地とは思えぬ快適生活戸外にいるような開放感で一日中でも過ごせるLDK 空間

be394e72032c2749efe862f302f297d9.jpg (700×466)

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。 「子ど

Color of the wall

古い住まいを自分好みに作り変える、リノベーション。既存のお家や賃貸物件では見られない、リノベーションならではの「おしゃれトイレ」7つの実例を集めました。 もっと見る

13_m_residence.jpg

リノベーションで新しい命を吹き込まれた日本家屋をご紹介 | folk

Pinterest
検索