<くつろぐ夏の猫美人たち : KUTSUROGU NATSU NO NEKO BIJIN TACHI> CAT BEAUTIES RELAXING IN SUMMER KUNIYOSHI UTAGAWA 1798-1861 Last of Edo Period

猫好きとして知られた江戸時代末期を代表する浮世絵師・歌川国芳が描いた人情味溢れる猫(擬人化された猫)の浮世絵です。浮世絵の猫が可愛いだけではなく、当時の暮らしの様子や人気だった歌舞伎役者などがよく...

History of Art:The Art of Asia - JAPANESE PRINTS 鈴木春信の美人画。浮世絵。

Parody of Lin Heqing (Rinnasei) 見立林和靖 Japanese Edo period (?) about 1767–68…

《芸者亀吉》 喜多川歌麿

写楽、北斎、広重 参上。 平木コレクション特別公開! 浮世絵の美|広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum

鈴木春信  	梅折る美人

本ページで梅折る美人がお求めいただけます。塀の上の白梅を手折ろうと、草履を脱ぎ捨て侍女の背に乗り上がるお転婆な少女の無邪気さが微笑ましい一枚。人物を上下に重ねる構図は浮世絵の中でも珍しく、規則正しく並ぶ土塀の模様と二人の着物の流線が、画面の中で美しく調和しています。色遣いや情景も明るく、早春の爽やかさを感じさせる作品です。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

【5/9より「百日紅」公開/英泉の話①】『百日紅』で北斎の居候として登場する善次郎。この人物は溪斎英泉という浮世絵師で、このような妖艶な美人画で人気を博しました。作中では明るい人柄ですが、浮世絵師になるまでにつらい過去がありました。

太田記念美術館 on

“【5/9より「百日紅」公開/英泉の話①】『百日紅』で北斎の居候として登場する善次郎。この人物は溪斎英泉という浮世絵師で、このような妖艶な美人画で人気を博しました。作中では明るい人柄ですが、浮世絵師になるまでにつらい過去がありました。”

月明林下美人来(『月百姿』シリーズ/画・月岡芳年)の拡大画像

幕末から明治にかけて活躍した月岡芳年(読み:つきおかよしとし)。彼が晩年に描いた連作 『月百姿』。歴史の有名なシーンと月を絡めたりした作品なのですが、その構図センスと自由自在な表現力はまるで古さを感じさせません。

二じゅう四好今様美人 着物好 歌川豊国(三代)画 文久3年(1863)刊

このウェブサイトは、江戸・東京の資料を通じて、歴史や文化を楽しみながら学んでいただくために製作しました。今まで資料に親しむ機会のなかった方も、お気軽にご覧ください。

Pinterest
検索