寝殿造

源氏物語、当時の貴族の風俗や生活を知るため、その舞台となった六條院『春の御殿(はるのおとど)』を1/4スケールで展示しています。書物や絵巻物でしか味わえなかった源氏物語が立体になり、中には光源氏や紫上などの登場人物が配され、リアルに源氏物語の世界を体感できる風俗博物館

寝殿造 - Wikipedia 貴族が住む「寝殿造り(しんでんづくり)」が生まれたのもこのころです。建物の中は壁がなく、大きな部屋が広がっています。そこに屏風(びょうぶ)や、几帳(きちょう)といわれる布で間仕切りをして生活していました。

寝殿造り 寝殿造りにおいて、寝殿の左右や後ろに造られた独立の住屋は、対屋(たいのや)と呼ばれ、渡殿(わたどの)で連結されている。

文化史06 寝殿造から書院造へ

文化史06 寝殿造から書院造へ

「寝殿造」の画像検索結果

「寝殿造」の画像検索結果

「寝殿造」の画像検索結果

「寝殿造」の画像検索結果

「寝殿造」の画像検索結果

「寝殿造」の画像検索結果

小説・源氏物語の中で出てくる日本庭園:「寝殿造庭園」とは

小説・源氏物語の中で出てくる日本庭園:「寝殿造庭園」とは


その他のアイデア
Pinterest
検索