和室リノベ

13 ピン5 フォロワー
開放感あります。

開放感あります。

築140年の古民家リノベーション実例

築140年の古民家リノベーション実例

インテリア・雑貨スクラップ : Photo

インテリア・雑貨スクラップ : Photo

70's Japanese tiny kitchen 1970年頃の日本の台所 / 昭和の風景

70's Japanese tiny kitchen 1970年頃の日本の台所 / 昭和の風景

リノベーションで新しい命を吹き込まれた日本家屋をご紹介 | folk

リノベーションで新しい命を吹き込まれた日本家屋をご紹介 | folk

冬のインテリア 〜温かいラグとストーブと。〜 : Bon Copain!

冬のインテリア 〜温かいラグとストーブと。〜 : Bon Copain!

【休日ジャック!】茅葺屋根から囲炉裏、手づくりの家具まで白洲次郎の旧邸宅「武相荘」で、日本の美と調和に触れる休日

【休日ジャック!】茅葺屋根から囲炉裏、手づくりの家具まで白洲次郎の旧邸宅「武相荘」で、日本の美と調和に触れる休日

最後から二番目の恋(2012) ながくらカフェ セット

最後から二番目の恋(2012) ながくらカフェ セット

https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8265872137/user/article/unknown/unknown/310660011014918290/ff74b296b358538e1f877f0bc404c91c/uploaded.jpg?option=crop&width=700

https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8265872137/user/article/unknown/unknown/310660011014918290/ff74b296b358538e1f877f0bc404c91c/uploaded.jpg?option=crop&width=700

築106年以上の古民家をゲストハウスに。「マスヤゲストハウス」前編 medicala vol.3|長野県 下諏訪町|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

築106年以上の古民家をゲストハウスに。「マスヤゲストハウス」前編 medicala vol.3

築106年以上の古民家をゲストハウスに。「マスヤゲストハウス」前編 medicala vol.3|長野県 下諏訪町|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する


その他のアイデア
 hues on hues on hues // great lighting// gorgeous layout

hues on hues on hues // great lighting// gorgeous layout

Love the homeliness of this authentic Japanese kitchen

Love the homeliness of this authentic Japanese kitchen

間工作舎/一級建築士事務所の投稿記事:「自然を捉え、自然を感じる癒しの家」です。遠くに山々を望む、京都郊外の家。 敷地は、緑豊かな公園に対して扇形に広がっている。 建て主は、豊かな自然の風景を暮らしに取り込むこと、また、ご夫婦とお子様家族3人で立てるキッチンなどを希望した。 建物は公園の景色を生かし、扇形の敷地に沿うように配置。 1階LDKの正面には公園の自然が広がる。 リビング・ダイニング・キッチンを行き来すると、木立を散策しているかのような感覚になる。 LDKの中心には、存在感のあるアイランドキッチンを据えた。 一部を家のラインに合わせるように大きく張り出させたことで広々とした作業スペースをつくり、家族みんなで料理を楽しめるとともに、空間にも馴染んでいる。 吹き抜けのリビングからは立ち並ぶ木々や空といった大らかな自然、2階のバスルームから夕焼けや遠くの山並みが見え、住まいのどこに居ても豊かな自然が目に入る。 住まいには杉の柱やカラ松の床、珪藻土といった自然素材をふんだんに使用し、外の自然と内部の自然素材が調和。 自然の温もりを目で、肌で愉しむ、心地良い住まいが完成した。

shapes

shapes

top.jpg 426×640 pixels

top.jpg 426×640 pixels

be394e72032c2749efe862f302f297d9.jpg (700×466)

be394e72032c2749efe862f302f297d9.jpg (700×466)

60's Japanese kitchen

60's Japanese kitchen

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。 「子ど

pinterest.com

古き良き日本を感じる古民家リノベーション♪

pinterest.com

ハンドメイドへのこだわり長屋門をDIYした仕事場と、手づくりの暖かさの残る暮らし

靴職人の相馬紳二郎さんが仕事場として使っているのは、武家屋敷で江戸時代から作られるようになった"長屋門"という建築スタイルの建物。

Pinterest
検索