書斎事例:明るい書斎コーナー(『矢来の家(減築)』過去の記憶や温もりを残す減築リフォーム)

都心に建つ古い家を、過去の記憶を残しながら「減築」した、庭のある夫婦二人のための住宅です。 東京都新宿区の古くからの住宅地。親の代からの持ち家である築50年程の住宅にくっついて築40年程のアパートが増築された木造2階建ての建築に、若いご夫婦が住んでいました。「古い住宅と増築されたアパートをリフォームして、家族二人と猫二匹が住みやすい家にしたい。」とのご希望をかなえるため、現地を拝見し案を練りました。 考えた末、DKとして使われていた味はあるが大分痛んできてもいた古い部分を思い切って「減築」し、そこに緑を沢山植えて庭とし、築40年程の主にアパートだった部分をリフォームすることにしました。 1階を土間、2階を板間として、階段と吹抜けでつなぎ家全体を一体の空間としました。構造上のバランスを考えて一部の窓を塞ぎ壁にしましたが、残した窓を取り換える事はせず、古い健全な柱や梁は極力残し表に見せました。…

Great use of a small space for a home office

スタイリッシュな書斎のインテリア。真似したい素敵な実例集 | iemo[イエモ]

建築家:須藤剛/ツドウデザインスタジオ「家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)」

狭いからこそ落ち着く!書斎は大人の秘密基地

部屋の仕切りを引込戸とすることで、通風や採光を確保しながら、回遊性の高い空間に変えました。 将来、家族の変化に応じて2部屋に仕切ることが出来る寝室、LDKと一体で使える部屋を設けて、簡単に間取りの変更ができます。 収納や水廻りが入った箱を緩やかに配置して回遊性があってすべての部屋が緩やかにつながる、家族の成長とともに変化できる自由な家です。 専門家:須藤剛が手掛けたマンションリフォーム・リノベーション事例:家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

書斎

「」コーディネートNo.156337 | iemo[イエモ] もっと見る

建築家:阿相 稜「house n/a」                                                                                                                                                                                 もっと見る

空間を上手に仕切る~つながりのある部屋の間仕切り方とは~

建築家:阿相 稜「house n/a」 もっと見る もっと見る

書斎コーナー 書棚 イメージ

タグル住まいのイメージ検索は、建築実例写真を5000枚以上収蔵。キーワード検索、類似検索の優れた機能を使って気になるデザイン、好きなイメージの写真をサクサクと検索。注文住宅メーカーの優れたデザインの写真ばかりなので観ているだけでワクワクします。

kawara13

栃木県宇都宮市の建築設計事務所(一級建築士事務所),栃木県を拠点に活動する建築家,中山大輔建築設計事務所-栃木近県域を中心に住宅や店舗を中心とした一般建築やリフォーム等の設計・監理を行っています-栃木県:宇都宮市,鹿沼市,下野市,那須,大田原市,上三川町,さくら市,那須塩原市,真岡市 他/群馬県/茨城県/埼玉県/東京都/関東甲信越地域


その他のアイデア
Pinterest
検索