家族全員分の衣類などを保管するクローゼット。ほどよくゆとりを持たせるのが使いやすさのポイント。

無駄を省いて快適にシンプルが美しいストレスフリーに暮らすコツ

癒されるクリーンな空間 1歩中に入ると、木の香りが漂う。玄関からつながる廊下とリビングの向こうに、樹木が植えられた庭が望め、ヒーリングムードに包まれる。この家は、整理収納アドバイザーの森山尚美さんが2年半前に新築。 「それまではコンシェルジュ付きのマンション暮らしでした。便利ではあったのですが、子供が成長していく中で果たしてこれでいいのかと思うようになったんです。少し不便なくらいの方が、子供は暮らす力を身に付けてくれるんじゃないかと。それで一軒家を建てることにしたんです」 こだわったのは庭があることと、余白が感じられる無駄な空間があること。 「庭でバーベキューをすることと、花を育てることが希望だったのと、何もない空間がいちばん美しいと思っていることを設計士さんに伝えて、あとはあまりリクエストはしませんでした」 白い壁にフローリングの床。窓枠などの細部まで木を使った空間は、ナチュラルな雰囲気。余計なもののないシンプルなインテリアが居心地の良さを感じさせる。 無駄を省いて快適に…

使いやすいウォークインクローゼット実例集

使いやすいウォークインクローゼット実例集

e599b3c8261a8c74bdbab8b36a4abf30.jpg 750×977 ピクセル

玄関。暗くていい。 もっと見る

メキシコの建築家、ルイス・バラガンの作品を見に行く。 メキシコ旅行のおすすめ見所・観光アイデアまとめ。

メキシコの建築家Luis Barragan。 FRIDAと同様、色使いに昔から興味があった。 最近、家を...

Barragan

ルイス・バラガン展を見終わって思ったこと(過去のアーカイブより)・Activity Outline | 平澤太デザイン計画機構が考えている事・お知らせ


その他のアイデア
Pinterest
検索